テーマ:読書記録

◎読書記録◎ 「麒麟の翼」 東野圭吾

2011年の出来事 現時点で読み終わった東野圭吾作品で、一番新しいのが これです。まだ3カ月ぐらいしか経っていないので、私的な 時系列(?!)でも新しい。 ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。 誰も信じなくても、自分だけは信じよう。 …
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「新参者」 東野圭吾

2011年の出来事 ようやく2011年です。 でも、それは、読んだ本、しかも東野圭吾の加賀恭一郎 シリーズ限定の話です… (実はまだまだある、2010年の未UPネタ…) 江戸の匂いも残る日本橋の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「嘘をひとつだけ」 東野圭吾

2010年の思い出 これはですね~。 読んだ、ということしか残っていなくて、当時の感想もない。 内容を思い出せるだろうか、と思ってネット徘徊してみました。 誰もが平気で嘘をつくわけではない。 正直に生きていきたいと望んでいたのに、落…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「私が彼を殺した」 東野圭吾

2010年の思い出 それにしても、関西在住時代は今よりたくさん本を読んで いたんだな~ということが改めて分かります。 私は基本的に、本は家では読まず、移動中の電車・バス などの中で読むのですが、関西に住んでいた時は1つの 電車に40分近く乗って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「困ってるひと」 大野更紗

ビルマ難民を研究していた大学院生女子が、ある日とつぜん原因不明の難病を発症。自らが「難民」となり、日本社会をサバイブするはめになる。命がけエッセイ! 絶賛生存中!! ある日、原因不明の難病を発症した、 大学院生女子の、冒険、恋、闘い――。 知性とユーモアがほとばしる、命がけエッセイ! ○もくじ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「山登りはじめました」 鈴木ともこ 

●山登り入門以前の「超基本」がすぐ分かる! ●ファッションからグルメまで、新しい山の魅力が満載 ●超へなちょこだけど、がんばる鈴木ともこの姿に、なんだか元気になれる! ●ハードルが低い女子登山、だけど山のルールはきっちりお伝えします。 体力も根性の自身ナシの小心者ちゃんが、今話題の山登りに挑戦!ダイエット、リフレッシ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「テンペスト」(上)(下) 池上永一

美と教養と見栄と意地が溢れる珊瑚礁の五百年王国は悩んでいた。少女真鶴は憧れの王府を救おうと宦官と偽り行政官になって大活躍。しかし待ち受けていたのは島流しの刑だった――。見せ場満載、桁外れの面白さ!Web KADOKAWA 「テンペスト(上)」 黄昏の美しい王国にペリー来航。近代化の波に立ち向かう宦官兼側室の真鶴。しかし破天…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「天使の耳」 東野圭吾

2010年の思い出 天使の耳をもつ美少女が兄の死亡事故を解明。  深夜の交差点で衝突事故が発生。信号を無視したのはどちらの車か!?死んだドライバーの妹が同乗していたが、少女は目が不自由だった。しかし、彼女は交通警察官も経験したことがないような驚く…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「死体を買う男」 歌野晶午

2010年の思い出 乱歩の未発表小説に隠された驚愕のトリック 乱歩と詩人朔太郎の名コンビが紀州白浜の首吊り自殺の謎に挑む! 乱歩の未発表作品が発見された!?「白骨記」というタイトルで雑誌に掲載されるや大反響を呼ぶ――南紀・白浜で女装の学生が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「天使の守護のアリエッタ」 松岡圭祐 

2010年の思い出 鈴川明恵、六歳の子を持つシングルマザー三十三歳。これまでの人生でいいことはなかった。それがふとソウルに旅立ったことから、未来が回転し始めた! ファン・ヨウォンという女優に変身した彼女は国民的な大女優に。だがその裏にはミステリーが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「傷痕」 矢野敦子

2010年の思い出 癒えることなどないのか? はるか昔の一家皆殺し事件が17年たった今心ひかれあう2人の大学生にのしかかるなんて―― 死刑や裁判員制度をも問う心ふるえるミステリー! 17年前に殺された弁護士一家の遺族は、いまも「傷痕」…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録 「夢のあとさき」 一条ゆかり

2010年の思い出 これも当時のメモが残ってました。 ホントに去年よくマンガ読んだな~ 数少ない、引っ越して残念なことの一つが、もう図書館で マンガを借りられないことかもしれないです…{%一言・ザンネンhdeco%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「儒教と負け犬」 酒井順子

2010年の思い出 負け犬(日本)、老処女(韓国)、余女(中国) 何故、この三国で晩婚化が進むのか?負け犬の敗因が浮き彫りに……。 講談社サイトより 「負け犬の遠吠え」で(多分)本人の意図とは違う意味で社会現象と なってしまった”3…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「女ともだち」 一条ゆかり

2010年の思い出 これは読んですぐ感想を書き留めておいたものが残ってました。 先日大学のプチ同窓会があり、下に出てくる編集者の同級生に 久々にマンガを読んで面白かったけど、引っ越してしまってもう 図書館で続きが読めないのが哀しい、と話し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

●読書記録● 「楽園」(上)(下) 宮部みゆき

2010年の思い出 未曾有の連続誘拐殺人事件(「模倣犯」事件)から9年。取材者として肉薄した前畑滋子は、未だ事件のダメージから立ち直れずにいた。そこに舞い込んだ、女性からの奇妙な依頼。12歳で亡くした息子、等(ひとし)が“超能力”を有していたのか、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

●読書記録● 「告白」 湊かなえ

2010年の思い出 今更ですが、「告白」です。 買ってから読み始めるまでにも時間がかかりましたが、 読み終わってからもすでに半年以上が過ぎてしまいま した…(^_^;) うろ覚えの感想です。 怖い話でした。 時間軸が…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「これが僕です。」 草彅剛

なんとな~く、図書館で借りてみました。 最初の方は、ほんとに読むのがツライ。 一生懸命書いているのはわかるのですが、なんたって 読みづらい。これはファンが愛を持って読んで「なんか 一生懸命で可愛い♪」と思う種類の本だわ~最後まで 読めるだろうか{%顔モジヒヤッ(シェイク)hdec…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「パラドックス13」 東野圭吾 

「世界が変われば善悪も変わる。人殺しが善になることもある。これはそういうお話です」 東野圭吾 運命の13秒。人々はどこへ消えたのか? 13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。“奇跡”のラストまで1秒も目が離せ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「マドンナ・ヴェルデ」 海堂尊 2011.01.04

正義のために、良心を捨てた女。海堂史上最強の魔女、ふたたび降臨!  桜宮市に暮らす平凡な主婦、山咲みどりのもとをある日一人娘で産婦人科医の曾根崎理恵がおとずれる。子宮を失った理恵のため、代理母として子どもを産んでほしいというのだ。五十歳代後半、三十三年ぶりの妊娠。お腹にいるのは実の孫――この子はいったい、誰の子なの? 医学…
トラックバック:5
コメント:1

続きを読むread more

2010年読書記録

夏以降、ほとんど活字を読んでなかったこの私。 疲れていたのか、ふと少女マンガを手に取って以来 10年以上ぶりによくマンガ読んでますね~。 でも、途中で引っ越してしまったので、続きが読めなくて 残念なものばかり…かといって買うのは悔しすぎるし… 誰か貸してくださ~い まだ感想書いてない分が山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「黒笑小説」 東野圭吾

東野圭吾が描く、「黒い笑い」 平静を装いながら文学賞の選考結果を待つ作家、内心では「無理だろう」と思っている編集者――。文壇事情を皮肉たっぷりに描く短編の他、笑いをテーマにした作品を収録した傑作短編集。 (集英社Webより) この本と「怪笑小説」の間にもう一つ「毒笑小説」があるらしい のですが、図書館では見かけなかっ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「怪笑小説」 東野圭吾

夜の急行電車は欲望と怨念と思惑が漂う異界だった。ニンニクおやじ、超ミニ女、妊婦、老婆…「鬱積電車」等、一風変わった人たちの怪しい笑いが不気味な笑いを呼ぶ、9編から成るユーモア小説集。 (集英社Webより) ガス抜きの為に書いたのかな~と思われる、ブラック 短編集。読んでいてちょっと筒井康隆を思い出したり しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「ある閉ざされた雪の山荘で」 東野圭吾

1度限りの大トリック! たった1度の大トリック!劇中の殺人は真実か? 俳優志願の男女7人、殺人劇の恐怖の結末。 早春の乗鞍高原のペンションに集まったのは、オーディションに合格した男女7名。これから舞台稽古が始まる。豪雪に襲われ孤立した山荘での殺人劇だ。だが、1人また1人と現実に仲間が消えていくにつれ、彼らの間に疑惑が生…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

●読書記録● 「使命と魂のリミット」 東野圭吾

心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。その目的を果たすべき日に、手術室を前代未聞の危機が襲う! 大傑作長編サスペンス。 (Web KADOKAWaより) 久々に自分で買った本を読みました(^_^;) どんどん積読本が増えていくので、もうなるべく買わない ようにしよう!と図書館のお世話になり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

◎読書記録◎ 「ドラマx主題歌101連発」 レッカ社

“金妻”“ふぞろい”“東ラブ”“高校教師”テレビドラマがいちばん輝いていた黄金時代、1984~1993年の10年間に放送された名作を懐かしい写真とストーリー、主題歌とともに紹介!主題歌のダウンロード・サイトへ直接アクセスできるQRコードも掲載されているので、忘年会や新年会などの宴会シーズンにはもってこい。見たい!聞きたい!歌いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more