●読書記録● 「アンフェアな月」 秦建比古

画像
ドラマのアンフェアにハマっていた私は特に新刊というわけでもなく隅っこに平積されているのを見つけ、ウソっ!文庫化されたの気付かなかった!新刊の表示がなくなるくらい時間が経ってたのに…とひとしきり後悔したのですが、何のこたぁない、まだ新刊を売るためのPOPの準備などがされる前に発見してしまっただけらしいです。

ドラマは三回分くらいで原作のストーリーを書ききってしまい残りはオリジナルであったため、当然ドラマで死んでしまった人もまたまた登場していて、そもそも原作でありながらアナザーストーリーのような感じです。

安藤が生きていて嬉しい♪

犯人は最初に思っていたのと逆の人でした。ミステリーとしてもまあまあ楽しめたかな?と思います。

章と章の間の、真っ黒なページが意味深で不気味でした…

ドラマバージョンは映画編で完結のようですが、小説はまだ続きが読めるようで嬉しいかも、です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック