The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ◎読書記録◎ 「新参者」 東野圭吾

<<   作成日時 : 2012/02/26 15:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2011年の出来事

ようやく2011年です。
でも、それは、読んだ本、しかも東野圭吾の加賀恭一郎
シリーズ限定の話です…
(実はまだまだある、2010年の未UPネタ…)

画像


江戸の匂いも残る日本橋の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。
「どうして、あんなにいい人が……」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。
着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/books/topics/shinzanmono/('11/09/18)

図書館で何人待ちだったんだろう。
引っ越し前に図書館で予約してたのに、引っ越しで借りられ
なくなってしまい、新居近所の図書館で再予約してかれこれ
一年近く待ったような気が。

ドラマ化もされた人気作品です。

でも、もちろん、順番待ちをしている間にドラマ化され、当然
先にドラマを見てしまいました…以後脳内加賀恭一郎は
しっかり阿部ちゃんに固定されてしまいました…(^_^;)

もともとの脳内加賀さんは、阿部ちゃんよりももうちょっと表情に
変化の少ない、背は高いけど地味な顔立ちの人でした。でも
もう思い出せない…

ドラマはかなり原作に忠実に作られていたようですね。
ストーリーをすべて知った上で読んでも、全く違和感がありません
でしたが、脚本を読んでいるのとも違う、ミステリーとしての
おもしろさもきちんと味わえました。

この作品で加賀恭一郎は日本橋署に異動になります。
舞台となる人形町ではまだ新参者だからタイトルも「新参者」?

殺された三井峯子もまた、この街では”新参者”だったので、
両方にかけてのタイトルでしょうが、なじみの薄い人形町の
街を歩き回る加賀の姿が思い浮かぶタイトルです。

三井峯子の死をめぐる謎を軸とはしていますが、その事件を
解決するために聞き込みをする加賀たちと接点を持った人
たちそれぞれがそれぞれの事情を抱えており、そのそれぞれの
事情が独立した短編としても楽しめ、そしてホロっとさせるのです。

画像


そして、短編の登場人物も、最初は三井峯子とすれ違う程度の
近さの人から、徐々に近い関係の人へ移っていき、最後には
三井峯子が何故人形町に住み、どうして一人死んでいくことに
なったのか、ということが分かります。

「せんべい屋の娘」も「瀬戸物屋の嫁」も「時計屋の犬」もよかった
な〜。商店街の人たちだけでなく、警察の同僚の中にもドラマが
ありますね。

各エピソードが独立していて且つ、それぞれの話の中で三井
峯子事件について少しずつ進展があり、それががつながって
長編物語にもなっているので、確かに連ドラには向いている
構成です。

生憎私は連ドラを先に見てしまったので、思わず三浦友和が
演じた役を疑ってしまいましたが(笑:それではまるで「流星の絆」)
真犯人はこの人だった!という意味ではそんなに意外性は
なかったかな。

とにかく全体の構成とストーリー運びが素晴らしい!と思いました。

この「新参者」の一つ前の「赤い指」から、この加賀恭一郎シリーズの
テイストが少し変わったような気がします。


連ドラでは、青山亜美に黒木メイサをキャスティングしたことで
このキャラクター造形がが少し変わっていましたが、他の
キャストもみんなハマっていてよかったと思います。でも、
青山亜美は「赤い指」には出てこなくてもよかったんだけど…

松宮の溝端くんはちょっと若すぎるんじゃ?と思いましたが
(しかも本庁捜査一課の刑事だし…)、もう慣れました(^_^;)

それぞれのエピソードには色々なゲスト俳優の方が出ていましたが
みんないい味出てました。

煎餅屋「あまから」の市原悦子と杏、そこに出入りする保険屋の
香川照之、瀬戸物屋の倍賞美津子と柴本幸、時計屋の原田芳夫。
この俳優さんたちと人形町の街がマッチしていて(ダジャレでは
ありません)よい空気を醸し出していました。



●○●おまけ●○●

TBS 「日曜劇場 新参者」
http://www.tbs.co.jp/shinzanmono/

TBS 東野圭吾ミステリー 新春特別ドラマ 「赤い指」
http://www.tbs.co.jp/shinzanmono/akaiyubi/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新参者 (東野 圭吾)
図書館で何ヶ月前に予約したのかも 忘れていましたが、 やっと手元にやってきた本です。 ...続きを見る
花ごよみ
2012/02/26 16:27
新参者 東野圭吾
新参者クチコミを見るオススメ! かなりネタバレしてます 第一章「煎餅屋の娘」 上川菜穂は父と祖母と3人で暮らしている。祖母が先日病院を退院したばかりだ。入院給付金につい ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2012/02/26 17:48
【新参者】 東野圭吾 著
小伝馬町で一人の女性が殺された・・・その女性の足跡をたどるべく、人形町・甘酒横丁界隈を歩き回る加賀刑事。彼は何を見つけるのか  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る・・・女性にちょっとしたかかわりのある... ...続きを見る
じゅずじの旦那
2012/02/26 17:55
「新参者」 東野圭吾著 講談社
島田荘司に御手洗潔と吉敷竹史がいるように、東野圭吾には湯川学と加賀恭一郎が。トリ ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2012/02/26 22:11
「新参者」東野圭吾
JUGEMテーマ:読書 ...続きを見る
ナナメモ
2012/02/28 09:17
東野圭吾『新参者』
新参者東野 圭吾講談社このアイテムの詳細を見る ...続きを見る
itchy1976の日記
2012/03/07 00:11
東野圭吾 新参者
日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。(「BOOK」データベースより)&amp;nbsp;2010年版このミステリーがすごい!1位作品。2010年本屋大賞ノミネート作品。私は東野さんのあまりいい読者ではなくて初期の作品をあまり読んでいない人です。(^^; 本書は加賀恭一郎シリーズの8作... ...続きを見る
マロンカフェ 〜のんびり読書〜
2012/03/10 16:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
◎読書記録◎ 「新参者」 東野圭吾 The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる