The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS 陣馬山〜高尾山('11/11/23)

<<   作成日時 : 2012/02/04 00:16   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

Road to 富士山・1歩目 

「次は陣馬山だ」と盛り上がったものの、ま、来年だろう、と
思っていたのですが、意外と早く実現しちゃいました。

祝日23日のほんの3日程前にカッパさんが「23日陣馬山行かない?」と
言いだし、ダメもとでおおえちゃんに声かけたら、おおえちゃんだけで
なく、お友だちのよしみちゃんまでがOK
奇跡的に実現したのでした。

最初はその昔私とカッパさんが二人で行ったときと同じ様に、
高尾山から陣馬山まで歩いていくつもりでしたが、途中でふと
「そういえば陣馬山から下りる時日が暮れかけてて遭難する
かと思った」という事実を思い出し、「どうせなら日が暮れて
しまっても人がたくさんいてケーブルカーででも山を降りられる
高尾山が終点になるように、陣馬山から登ろう!」ということで
朝7:40にJRの高尾山駅に集合となりました。

おおえちゃんとよしみちゃんはハマ線で八王子経由、カッパ
さんと私は新宿から中央線で高尾山へ向かいましたが、
朝6時代の新宿の駅の混雑ぶりにびっくり!平日ですか?と
言うくらいホームには人があふれていましたが、ほとんどが
「これから山に向かいますね?」という人たちで、思わずげんなり
してしまいました。もちろん電車もとてもじゃないけど座れない…

私の「電車の中で朝ご飯を食べる計画」は早くも頓挫

でも、立川でずいぶん空いたので、ここからは短い距離ですが
座っていかれました。奥多摩方面に向かう人も結構多かった
みたいです。

そして待ち合わせの高尾山駅についたら…陣馬山に向かう
バスはすでに長蛇の列!!!

先に到着したおおえちゃんとよしみちゃんがバス停に
並んでいてくれたのですが、とてもじゃないけどそこに
混ぜてもらえるような雰囲気ではない

素直に最後尾に向かいおとなしく順番を待っていたらバスがやって
来ましたが、途中からバス停の整理をする人?が何か叫び、
列の途中からパラパラ人が抜けてバスに向かって走り飛び
乗っているではありませんか。

私とカッパさんもわけもわからずその人たちに続いたのですが、
おそらく「このバスは急行です!陣馬山までお急ぎの方は云々…」
と言っていたっぽい。最後の方に無理やり滑り込んだ感じですが、
おかげでおおえちゃんたちと無事同じバスに乗れました(^_^)/


さて、終点でバスを降り、いよいよ陣馬山を歩き始めました。
最初はアスファルトで舗装された道なので、この日初対面の
よしみちゃんと自己紹介などしつつタラタラ歩いていましたが、
途中でアスファルトと別れ、木が生い茂る山に足を踏み入れ
ました。

寒いといけないと思って結構たくさん着こんでいたのですが、
すぐ暑くなってしまい、まずこの日のために(?)ユニクロで
買った小さくたためるダウンを脱ぎ、そのうちニットのパーカーも
脱いで長袖のTシャツ1枚で歩いていました。

普段全く運動していない身には、歩き始めて20分で早くも
息切れ状態。

ツラ〜イと思いながら転ばないように足元をみながら
ずっと歩いていたのですが、ふと顔をあげたら。

木漏れ日がすごくきれい…

あ〜なんかいいな、と思った瞬間です。

画像


見晴らしのいいところに出てきて再びパチリ。といってもピンボケ
なので、雰囲気だけ…
画像


遠くにはうっすら、周りの山々も見えます。
画像


またここからしばらく歩いて、あと少しで陣馬山頂…だけどツライ
というところで、まだ残っていた紅葉に癒され…。
画像
画像


そして、みんなに遅れること3分ぐらい、ようやく頂上だ〜っ

どうです、この雲ひとつない快晴の空!!!
歓迎されてるな〜
画像


遠くにうっすら富士山も見えたぁぁぁ
画像

わかりますか?ココですヽ(^。^)ノ
画像


それから、陣馬山と言えば、この白い馬です。
画像

「陣馬山」と刻まれた碑もありますが…ここに荷物を置くんじゃないっ
画像
 

結構たくさんの人でにぎわっていて、人がいない場所を選ぶのが
大変。馬と石碑を一緒に撮ろうと思ったら、こんなにたくさんの人も
もれなく写ってしまいました。(それにしても邪魔な荷物だ)
画像


山頂でお弁当を食べてる人、ビール飲んでる人、たくさんいました。
でも、この時点で多分10:00頃。私たちのランチはもうちょっと先です。
頑張って歩くぞ〜!

ただ、ここまでただひたすら登ってきたのと違って、ここから先は
高尾山まで連なる山の尾根をあるく「縦走」というらしいです。
上り下りがないわけではありませんが、今までに比べるとずいぶん
楽な筈。

足取りも軽くなる私たちです。
画像


明王峠で立ち止まることなく、ひたすら景信山を目指します。
途中”まき道”という立て札を何度か見かけ、「何?まき道って」と
悩んでいたら、通りかかった如何にもベテランな風貌の方が
「この次のポイントまでただ登って下りるだけだから、まき道
行った方が楽だよ」と親切に教えてくださいました。

要するに、急斜面を避けたう回路のようなものらしい。

ここからすっかり”まき道”好きになり、正面に急な上り坂が
現れるとすかさず「まいてないのかな〜?」と周りのまき道を
探しまくり(^_^;) 

いくつかのまき道を経て、ちょうどお昼前頃、景信山到着!!!

ようやく一休みです

画像
画像

おおえちゃんが手にしているのは、陣馬山下のバス停近くで
もらったスタンプラリーの小冊子です。ここに載っていた地図は
大活躍でした。

これがその地図です。
画像


早起きしてたくさん歩いて、外でご飯食べると気持ちいい〜っ

しっかり休んだ後、高尾山長までちょうど今歩いてきた距離と
同じくらいの距離を歩きます。出発前にトイレに寄っておかねば、
と少し坂を下ってトイレに向かったところ…

画像


予想をはるかに超えた長蛇の列、です
30分は待ったでしょうか。切羽詰まってなくてよかった…

さてさて、おかげで予定外の長い景信山STAYとなってしまいましたが、
いざ高尾山に向けて再出発です。

途中の城山は、相模湖が見下ろせる絶景スポットとのこと。
どれどれ…
画像
 
相模湖がキラキラ光って綺麗でした

一丁平を過ぎたあたりには、9月の超大型台風で倒れた木が
そこここに…しかも、根こそぎバッタリ
画像

人と比べるとわかると思いますが、結構大きい木です。
画像

こっちにも。
画像


さて、もみじ台あたりから、急に人の数が増え始め、高尾山に
到着したころには「渋谷ですか?」というくらいの多さに。
如何にも山登りだったり山ガール風ファッションだったりの
人に混じって普通のスニーカーやブーツで歩く人たちの割合が
急増してきました。

ここまで5時間ぐらい、頑張って歩いてきたご褒美として、くだりは
ケーブルカーだよね〜って楽しみにしていたのに、何と1時間待ち。
もちろんリフトも同じくらいの待ち時間で、待ちきれない私たちは
そのままくだりも歩いて下りていくことにしました。
画像
 
帰りは1号路を歩いて帰るように言われその道に向かいましたが、
普段は車も通れる舗装された道。なので、階段の踊り場状のところが
なく、しかも同じように待ちきれなくて歩いている人がたくさんいて
それこそ原宿の竹下通り状態の混み方のところを、疲れて押さえが
効かなくなっている足で降りるので、ものすごいスピードが出て
しまい、怖いこと怖いこと。

ある意味、この最後のくだりが一番疲れました…

久々に下界に下りてきた後は、やっぱりさっぱりしたいじゃないですか(^_^;)

ということで、行ってきましたスーパー銭湯ふろっぴぃ高尾
気持ちよかったぁ〜
汗を流してさっぱりし、お疲れ様の乾杯をして、今日の思い出を
語り合っていたら…いきなり照明が落ちてミラーボールが回り、
演歌のイントロが…

なんとその日は、「六本木ヒロシ」さんのライブがふろっぴぃの
宴会場で開催される予定になっていたのでした。

その名前の響きから、「もしかしたら五木ひろしのそっくりさんとか?」
なんてほんのり思ったりもしたのですが、間違いなくオリジナルの
コテコテ演歌。

1〜2曲ならともかく、3曲目が始まりそうになったので、申し訳
ないけど失礼しちゃいました

そんな六本木ヒロシさんのブログにも、その日の様子がちょっとだけ
書かれてました。http://ameblo.jp/hibarimisora/day-20111123.html

ふろっぴぃの無料送迎バスで八王子まで出て、そこで実質解散。
お疲れさまでした〜

疲れたけど気持ちよかった〜

最後に。
最初真面目に集めていたのに、途中の城山下売店のスタンプが
GET出来なかったばっかりに萎えてしまい、放置される羽目になった
スタンプシートをご紹介して、長い報告を終わります?!
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
陣馬山〜高尾山('11/11/23) The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる