The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に

アクセスカウンタ

zoom RSS パゴタ!! (シュエダゴンパゴダ)

<<   作成日時 : 2011/06/29 00:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトルまで入力して、更新する気満々だったのですが、
結局スマホからは画像がUP出来ず、ミャンマーからの
二度目の更新は断念することに…

ようやくお披露目です

画像


どうです、なかなかきれいでしょ?

シュエダゴンパゴダというそうです。


ヤンゴン観光の中心となっている場所。歴史は、約2500年以上前までさかのぼるといわれています。当時、インド人商人が釈迦からもらった聖髪をもらい受け、この地に納めたのが起源とされています。 それ以後、度重なる修復を繰り返し、現在の形になったといわれています。
中心には、『聖なる黄金の塔』が建ち、その周りには大小60あまりのパゴダに囲まれています。中心の塔の高さは、約100メートル、金箔が貼られており夜はライトアップされています。
また、数多くの宝石や貴金属がちりばめられており、”すごい”というしかない豪華さです。 ここに来たらお参りをすることをお忘れなく。「カレンダーと曜日占い」のページでも書いたが、自分の生まれた曜日の動物が祀ってあるところで拝むように。
一日中参拝者が絶えることはなく、まさにミャンマー人にとっては聖地といえるでしょう。
何度見てもきれいで夕暮れ時は特にすばらしい。シュエダゴンパゴダなしではミャンマーは語れないといっても過言ではないでしょう。

シュエダゴンパゴダ Shwedagon Pagoda@ミャンマー旅行への誘い

なかなか見事です。

もういっちょ♪
画像


大きなパゴダを囲むようにいくつも塔があり、中には白い仏像が
鎮座ましましているのですが、その仏像の光背(仏像の後ろにある
本体から発せられる後光を表しているらしいもの)に、日本では
あり得ない電飾がキラキラしていてびっくり!!!

右側の仏様の後ろにちょっと見えますが、わかりますか〜???

日本では仏像と電飾って全く対極にあるものですが、ミャンマー
ではパゴダ(=仏塔)は金ぴか、中の仏像も電飾で飾られ、
でも人々はそんなパゴダや仏像に静かに祈りをささげて
いました。

この日は雨でしたが、パゴダ内は裸足で歩かなければ
ならず、パゴダや仏像に見とれているとつるっ!!!っといくの
です…一応出張だったのでパンツスーツを穿いていたから
意地でも転びたくなかったし、結構必死でした。

床も大理石や翡翠が敷き詰められていて、多分翡翠の
上がめちゃめちゃ滑りやすかったように思います…


このパゴダは町のシンボルでもあり、ホテルからもよく見えました。
(ちょっとボケボケですが…)
画像


代理店さん、連れて行ってくれてありがとう♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パゴタ!! (シュエダゴンパゴダ) The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる