The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に

アクセスカウンタ

zoom RSS ◎読書記録◎ 「鹿男あをによし」 万城目学

<<   作成日時 : 2010/06/12 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 5

画像


いやいや、これも文庫化を待っていたのに図書館でめぐりあえた
嬉しい出会い本です。

私が奈良好きであることも関係していると思いますが、「鴨川
ホルモー」関連や「プリンセス・トヨトミ」を含めてこれが一番
おもしろかったと思う。

ドラマも見てました。
残念ながら視聴率はイマイチふるわなかったようですが、
私は楽しんでみてました。奈良満載だったこともあり、同時期に
やっていた小栗旬の主演ドラマで直前まで毎日のように通って
いたお茶の水でロケしまくりなのに対抗して、「私だって!」と
ついつい奈良まで遠征してしまったりもしました。

玉木宏は鹿ににているのでキャスティングされたのではないかと
思うくらい、この役に合っていたのですが、それ以上にぴったり
だったのが多部未華子の堀田イトちゃんです。目が少し離れた
野性的な魚顔と表現されているイトちゃんはまさに多部未華子!

先に映像を見てしまったせいか、これも役柄はほとんどドラマの
役者さんのイメージでしたが、藤原センセイは性別が変わって
しまい綾瀬はるかが演っていたので、ここだけはマイ・オリジナルで
勝手に荒川良々をイメージしておりました。

マドンナは柴俊夫と真野響子の娘の柴本幸ですが、藤原センセイが
原作通り荒川良々だったのならともかく(←そう思っているのは
私だけですが^_^;)、綾瀬はるかも出ているのに差し置いてマドンナ
と呼ばれるのは結構ツライものがあったような気が…。

児玉清のリチャードは、なかなか良かったです。

つい先日も、遷都1,300年記念イベントで盛り上がる平城宮跡に
行った時、朱雀門前の線路を鹿とイトちゃんが飛び出してくるん
だったっけなぁ…と思いだしたりしておりました。

あぁ、またまたドラマの感想になってるし…


●おまけ●

フジテレビ 鹿男あをによし
http://wwwz.fujitv.co.jp/awoniyoshi/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「鹿男あをによし」 万城目学
この小説も、関西人が読むと特に楽しめるのでは。 ...続きを見る
目の中のリンゴ
2010/06/13 01:38
【鹿男あをによし 】 万城目学 著
1800年のロマン「ス」・・・!?「鴨川ホルモー」で笑わせてもらってから、早1年。ようやく手にすることができました [:拍手:]神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」。失意の彼は、教授の勧めに従って2学期限定で奈良の女子高に赴任する。ほんの気休め、のはずだった。英気を養って研究室に戻る、はずだった。あいつが、渋みをきかせた中年男の声で話しかけてくるまでは……。慣れない土地柄、生意気な女子高生、得体の知れない同僚、さらに鹿…そう、鹿がとんでもないことをしてくれたおかげで、「... ...続きを見る
じゅずじの旦那
2010/06/13 09:31
「鹿男あをによし」 万城目学
デビュー作の『鴨川ホルモー』で大いに笑わせてくれた万城目さんの2作目。実は購入したのは去年の春。万城目さんの名前はあちこちのブログで目にしていたので、いずれは読みたいと思っていた。そんな折、出版されたばかりの『鹿男あをによし』が、どうぞどうぞ買って下さいなといわんばかりに本屋に並んでいた。見ればサイン本である。サイン本集めを趣味としているわけではないが、ないよりはあったほうがよい。黄金色のサインに目が眩み購入することと相成った。でも、どうせならデビュー作から読んでみようと『鴨川ホルモー』を読み、... ...続きを見る
コンパス・ローズ  compass ro...
2010/06/14 20:55
鹿男あをによし (万城目 学 )
玉木宏主演のドラマがはじまる前に、 読んでしまおうと思っていたのですが 間に合いませんでした。 ...続きを見る
花ごよみ
2010/06/20 22:30
万城目学 『鹿男あをによし』
鹿男あをによし/万城目 学 ...続きを見る
映画な日々。読書な日々。
2010/07/07 11:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
TBとコメントどうもありがとうございました!
私も、あれからドラマの再放送を楽しく観たのですが
藤原先生がはるかちゃんになってしまって
色恋沙汰風味が高まってしまったのが
ちょっと残念というか、いや、まぁはるかちゃんは
かわいいけれど・・・。
(荒川良々、いい感じかもしれません。)
あの、朱雀門でのシーンは印象的でしたね。
kino
2010/06/13 01:40
マイシカ!
笑わせてくれますよねぇ(^^ゞ
じゅずじ
2010/06/13 09:32
みなさま、コメントありがとうございました<(_ _)>

>kinoさま

荒川良々、御賛同(?)いただきありがとうございます。彼も万城目ワールドとは相性がよさそうな役者さんですよね。ホルモーの映画にも出てました。

>じゅずじさま

マイシカ、私もほしいくらいです(^_^;)
山手のドルフィン
2010/06/14 01:53
こんばんは。
そうだ、奈良へ行こう!、てな具合に私も遷都1300年で盛り上がる奈良の都へ行きたくなります。
ドラマはけっこうぴったりな配役が多くて面白かったですね。荒川さん、映画のホルモー(最近観ました!面白かった!)でもいい味出していたので、藤原センセイで想像してみて思わず笑いが。
雪芽
2010/06/14 21:11
雪芽さま、コメントありがとうございました<(_ _)>

奈良の平城宮跡は、古の都を彷彿させる広さではありましたが、これからの季節日光を遮るものがほとんどないので日中の観光はかなりの苦行かと思います。”遷都1300年”に誘われて足を延ばす際はお気をつけくださいませ。
それこそ、マイシカならぬレンタルシカでもあればいいのに…
山手のドルフィン
2010/06/15 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
◎読書記録◎ 「鹿男あをによし」 万城目学 The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる