The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ◎読書記録◎ 「名もなき毒」 宮部みゆき

<<   作成日時 : 2010/06/27 12:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 7

画像


これも図書館で偶然遭遇!!!
文庫化まで待つ予定が以外と早く読めてしまいました。

最近文庫化される作品を見ても、あまりそそられないな〜
と思うことが多かったのは、時代物かファンタジーが多かった
からなんでしょう。三年ぶりの現代ものなんだそうです。
そして、吉川栄治文学書受賞作でもあるらしい。

幻冬舎サイトより
http://www.gentosha.co.jp/search/book.php?ID=101596
著者三年ぶりの現代ミステリー。編集者・杉村三郎はアシスタントの身上調査のため、私立探偵のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。


読み進めて少したった時点で、主人公が社内広報誌の
編集者、義父がその企業の会長、という設定に「なんか
どこかで聞いた気が…」とようやく思い至り、『誰か』の続編と
いうかシリーズ2作目だということに気付いた次第です…

2作目だからか登場人物がより生き生きしてたような気が
するのは気のせいかもしれませんが、面白かった!

ここ最近の、力が抜けてる感じの作品から、またギアが
DRIVEに入ってきてるという印象です。

ちょっとイッチャッテル感じのアシスタント・原田いずみの
話と無差別殺人がどうリンクするのかと思っていたら、
リンクするわけではないけど、最後の最後にドカンとやって
くれたのは原田いずみの方でした。

こういう、自分大好きで自己評価がやたら高く、自分が
イマイチ波に乗れないのは周囲が自分を理解しないからだ、
と言い張るタイプの人、いますよね。 (私の周りにもいました。
入社20年を超えても尚、「会社は本当の俺をわかってない」
とか寝言言ってる人…ならさっさと”本当の俺”を出して
みろぃっ!と思ったものでした…)


本物の毒の青酸カリ、土壌汚染の毒、原田いずみが周囲に
まき散らす毒、いろいろな毒が出てくる作品ですが、原田毒が
一番強烈でした。


ところで、私は全く気付かなかったのですが、このいずみさんの
名字は”はらだ”ではなく”げんだ”なのだそうです。Yahoo!知恵袋に
こんなQ&Aが…
宮部みゆきさんの「名もなき毒」を読んだ方に質問です。登場人物「原田いずみ」さ...sutenosuke_loveさん

宮部みゆきさんの「名もなき毒」を読んだ方に質問です。
登場人物「原田いずみ」さんって「ゲンダ」って読み方でした?

私は普通に「ハラダ」だと思っていたのですが、
昨夜見たNHK-BSの番組で「ゲンダ」と朗読していたのでビックリしました。
フリガナふってありましたっけ?
なんてことのない疑問ですが、気になるのでお手元に本のある方是非教えてください。



質問日時: 2006/9/24 15:31:38
解決日時: 2006/9/25 22:27:54

ベストアンサーに選ばれた回答kirin0969さん

「げんだ」でフリガナふってありますよ。たしかに普通は「はらだ」ですよね。

回答日時:2006/9/25 19:19:21


みなさん、よく見てらっしゃいますね…


●○●おまけ●○●

大沢オフィス公式HP 大極宮 宮部みゆき作品ページ
http://www.osawa-office.co.jp/write/miyabe_list.html
 ↑
ここでちょっとだけ、『名もなき毒』が立ち読みできます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
名もなき毒*宮部みゆき
☆☆☆☆・ 名もなき毒宮部 みゆき (2006/08)幻冬舎 この商品の詳細を見る どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きること... ...続きを見る
+++ こんな一冊 +++
2010/06/27 13:46
「名もなき毒」宮部みゆき
名もなき毒 宮部 みゆき ...続きを見る
ナナメモ
2010/06/27 21:58
宮部みゆき  名もなき毒
名もなき毒 宮部 みゆき ...続きを見る
マロンカフェ 〜のんびり読書〜
2010/06/28 09:27
宮部みゆき 『名もなき毒』
名もなき毒 ...続きを見る
映画な日々。読書な日々。
2010/07/07 12:46
宮部みゆき「名もなき毒」
宮部みゆき著 「名もなき毒」を読む。 このフレーズにシビれた。  不運にも毒に触れ、それに蝕まれてしまうとき以外、私たちはいつも、この世の毒のことなど考えないようにして生きている。日々を安らかに過ごすには、それしかほかに術がないから。 ...続きを見る
ご本といえばblog
2010/09/18 10:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
>原田毒が一番強烈でした。

まったくそのとおりですね。
ふらっと
2010/06/27 13:50
こんばんは。
ブログ気持玉ありがとうございました。
記事とは関係が無いのですがプロフを読ませていただいて思わず笑ってしまいました
いまだにテレビを見るとめまいがしますか?
きょんたん
2010/06/27 19:45
>ならさっさと”本当の俺”を出してみろぃっ!と思ったものでした…
笑っちゃいました。本当にいますよね。そういう人。傍から見てると笑えるけど、近くにいたらすごく迷惑。

原田がゲンタだとは…
なな
2010/06/27 21:59
みなさま、コメントありがとうございました<(_ _)>

>ふらっとさま

結局人間が一番毒が強いってことなんでしょうかね…

>きょんたんさま

はい、もう乗り越えられないみたいです(^_^;)
土曜の朝はBSで「王様のブランチ」を見ることにしております…

>ななさま

残念ながら、彼は未だに”本当の俺”を出し惜しんでいるようです…
山手のドルフィン
2010/06/27 22:13
おはようございます。TBありがとうございます♪
他にもコメント&TBいただいているのになかなかお返事出来なくてごめんなさいね。(汗)気長にお待ちくださいませ〜(^^;ゞ

原田を「ゲンダ」と読ませる件ですが、本当かどうか分かりませんが、確か以前どなたかが「はらだ」と読ませると、いづみのキャラがあまりに強烈なので、全国のはらださんに配慮して「ゲンダ」と読ませるようにしたと書いているのをどこかで目にしたような気がします。まぁ、噂レベルでどこまで本当かどうかわかりませんが。(^^;ゞ
板栗香
2010/06/28 09:31
TB&コメント、ありがとうございました♪
ほぉぉぉっ!「げんだ」!
ぜんっぜん気付いてませんでした――あ、まあ、読んだ時は認識したかも知れませんが、おそらくルビのふってある箇所を読んで一回ページめくったら忘れていたと思います。

最近ちょっと宮部作品にご無沙汰してましたが、また何か読みたくなりました^^
lazymiki
2010/06/28 22:48
>板栗香さま & lazymikiさま

コメントありがとうございます。

そうか、ハラダさんへの配慮でゲンダさん、だったのですね。振り仮名も振ってあったらしいのに、せっかく配慮された意味を無視して私はしっかり一瞬も迷うことなく”ハラダ”と読んでおりました… 
山手のドルフィン
2010/07/02 00:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
◎読書記録◎ 「名もなき毒」 宮部みゆき The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる