The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ○読書記録○ 「プリンセス・トヨトミ」 万城目学

<<   作成日時 : 2010/05/09 19:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

画像


くぅにお借りしました。
『鹿男』…や『ホルモー』の万城目学の、この時点での最新作です。

実は、密かに大阪国が独立して存在していた、という、またまた
トンでも設定の話です。

この設定って人気あるんですかね〜?
つい最近も、こんなニュースをみたし…

画像

http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100401035.html

あと、「大阪がもし日本から独立したら」っていう本も最近見かけた
記憶があります。

大阪愛にあふれた作品何だと思いますが…。
私としては、ホルモーとか鹿男の方がノッて読めたかな?

つまり、大阪より京都・奈良好きなのかもしれません???


ところで、この作品も映画化されるということで、気になるキャストを
チェックしたところ…

松平は堤真一。これはまあ、順当だと思うのですが…
鳥居が綾瀬はるか???ということはまたまた性別が入れ替わるって
ことでしょうか?つーことは、旭が岡田くん???

それはどーなのか…

大輔と茶子は?
真田パパも大事だと思うんだけど、え〜と…

ま、いいか


●おまけ●

「プリンセス・トヨトミ」 万城目学 @文芸春秋WEB
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784163278803

万城目学インタビュー@文芸春秋WEB
http://www.bunshun.co.jp/pickup/toyotomi/index.htm



言葉

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『プリンセス・トヨトミ』万城目学
「プリンセス・トヨトミ」万城目学 文藝春秋社(初出別冊文藝春秋2008年1月号〜2009年1月号) ...続きを見る
ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」
2010/05/09 20:54
プリンセス・トヨトミ (万城目 学 )
会計検査院の調査員3人が 大阪に調査のためやってくる。 ...続きを見る
花ごよみ
2010/06/12 21:37
「プリンセス・トヨトミ」 万城目学
楽しみににしていた1冊、読了。 ...続きを見る
目の中のリンゴ
2010/06/13 01:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、”大阪城公園内で地面が陥没・・・”とかいうニュースで
この小説を思い出してました。
映画化、堤さんはイメージどおりですが、
またまたはるかちゃんのおとぼけキャラ、
どうなることでしょうか。

万城目氏の最新作「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」も
ひと味違ってとても良かったですよ。
(過去ログまだ拝見していないので、
もしもうお読みだったらすみません!)
kino
2010/06/13 01:45
>kinoさま、コメントありがとうございました<(_ _)>

「かのこちゃん〜」未読です。
関西三部作(?っていうのでしょうか?)は一応完結したようなので、次の作品がどんな感じなのか楽しみです!
山手のドルフィン
2010/06/14 01:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
○読書記録○ 「プリンセス・トヨトミ」 万城目学 The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる