The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に

アクセスカウンタ

zoom RSS ●読書記録● 「都と京」 酒井 順子

<<   作成日時 : 2010/02/16 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

     2009年を振り返るシリーズ!!!
画像


東京から京都に転勤中の私にはうってつけの題材!と
思って張り切って読み始めたのですが・・・意外と読み
終わるまで時間がかかってしまい、3ヶ月ほど通勤を
ともにしてしまいました(^_^;)

途中の京都・同業者町の楽しみ、というコラムでどうも
ページが進まなくて・・・

ところが、それを乗り越えると次のテーマは「大学」。
そして私はまた、ひざを打ってそうそう!!!と激しく
同意してしまい、ページが進み始めたのでした。

慶応と同志社は共通項が多いんだそうです。
そして早稲田と立命館もアグレッシブな感じが似ている
のだとか。

私が一番「そうそう!!!」と思った箇所。

早稲田の場合も、何か得体の知れない土臭さが、
そこにはあります。


そうなのです。あるのです。

確かに早稲田には、ミッション系でぬるい青春を送った
ものなどには鳥肌が立つようなことを平気でやってのける
臆面の無さとテンションを持つ者
たちがいる。


その通り!ミッション系女子校で生ぬるい12年間を過ごした
私には、違う文明との出会い以外の何物でもありませんでした…

そして私は、早稲田の「土臭さ」というものも、典型的な
「東京らしさ」だと思うのです。
早稲田は地方から多くの
学生が集まる大学であり、その「都会で一旗あげる!」
という上野系のパワーをそのまま受け入れる吸収能力は
東京そのもの。


そうだと思う。その通りだと思いました。

東京の活力は、何といっても地方から出てきた人がそこに
い続けるために頑張っていることだと思うのです。

そして、私が関西に来て一番感じたのは「関西人以外の
人が少なすぎる…」ということでした。いるのかもしれませんが
なぜかなかなか出会えない。特に京都は外国人も多く住んで
いるので、気分的には関西人以外の日本人よりは外国人の
方がむしろ多いのではないか?という気がします。

みんなあの影響力の強い関西弁があっという間にしゃべれる
ようになり、あっという間に関西人になってしまったのでしょうか。
私はなまじ放送研究会でアナウンスの練習をしたりして
いたので、標準語からなかなか離れることが出来ないようです。


「コラム・なぜ人は京都で殺されるのか 2時間ドラマ考」、
なんてのもありました。

京都に転勤が決まった時、「日本一殺人率が高いところだね」と
言われたことを思い出しました。「毎週のように人が殺されて
たいへんだね」とも言われましたね、そういえば(^_^;)
みんな2時間ドラマ見過ぎです。


私は前にも書いた気がするけど酒井順子さんとほぼ同世代、
似たようなバックグラウンドで学生生活を送った身でわりと
酒井さんの書くことは共感できることが多いので、今回の
エッセイも「それは旅行者の感想だと思うけど、でもわかる
ような気がする」という部分が多かったのですが、これって
ネイティブ京都人の人が読むとどう思うんでしょうね。

ちょっと気になる…


ところで関西人のみなさん。
関西人が使う”関西”の対義語は”関東”ではありません。
おそらくそれは”東京”。

私は「関東ではどうなんですか?」とよくきかれますが、それが
気持ち悪くて仕方ありません。自分を”関東人”としてカテゴライズ
したこともありません。関西の人が”関西”というのと同義語の
言葉はおそらくなく、無理につくると”Greater Tokyo”とか“東京
文化圏”なんじゃないかと思う。

そして、”関東”の正確な対義語はおそらく”近畿”だと思います。

だって天気予報でぐらいしかそのエリア名を気にしてないので(^_^;)


●おまけ●

Asahi.Com 書評
http://book.asahi.com/review/TKY200611140344.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
都と京:酒井順子氏、二都に見える
旅行・観光が好きな酒井順子氏が、大きなものを語っていました。 題名は「都と京」... ...続きを見る
はてさてブックログ
2010/02/17 10:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
酒井順子氏の「あの書きっぷり」にはすっかり引き込まれます。この作品は、その書きっぷりは目立たなかったように思うのですが、それはそれでちょっと違う酒井氏の一面が見え、そしておもしろく興味深いものでありました。
はてさて
2010/02/17 11:03
>はてさてさま

「酒井順子」と言えば、お下劣なことを上品に淡々と語るイメージがあります。ミーハーな内容なのにうっかり知的なんじゃないかと思わされたり。あの突き放した「醒めてる」感が好きです。でも確かに京都に関しては「語って」ましたね〜。
山手のドルフィン
2010/02/17 23:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
●読書記録● 「都と京」 酒井 順子 The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる