The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ●読書記録● 「女郎蜘蛛 伊集院大介と幻の友禅」 栗本 薫 

<<   作成日時 : 2009/11/30 01:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

画像


以前に読んだ「陽気な幽霊 伊集院大介の観光案内」という本の
あとがきに、本当は着物の話の取材で京都に行ったのだが、
気分が乗らないだか何だかでその小説を書き始めるのを延期し、
代わりにライトなものを書きました、っていうようなコメントを
見かけた覚えがありました。

あ〜、これがあの時の本来の取材の目的か〜と思いつつ手に
とってはみたものの、どうもその内容とその厚みに読む気を失い、
いつの日か読まれる機会待ちのグループに混ざっていましたが、
栗本さん逝去のニュースとともに掘り起こされました…

あまり友禅に興味はないし、最近なんだかおどろおどろしい
世界に足を踏み入れすぎてるような気もして、このままで
行くとまた天狼星みたいに違う方向に進んでしまうのでは???
と思えることばかりでしたが、これはなんだかとってもまっとうな
伊集院大介ものという気がしました。

それにしても、外見とか才能とか、神様が与えてくれるものを
持てなかった者の悩み、持ってしまった者の悩み、それぞれ
あるわけですね。外見はいざとなれば超遺伝的手法?でいじる
こともできるけど、才能ばっかりは努力してもどうしようもない
ことのほうが多いからな〜。

一番かわいそうなのは、アマデウスのサリエリのパターンですね。
モーツァルトのあふれんばかりの才能をひしひしと感じれば感じる
ほど自分の凡庸さを思い知らされる、という…。

この作品のあの人は、ちょっとサリエリにかぶるところがあるけど
でも、最終的に彼がたどった運命はモーツァルト???

着物好きの栗本さんは京都も好きだったみたいですね。
私は今個人的にとてもカチンと来た出来事があったので、どうも
京都を美化しすぎてる人が多すぎるんじゃないの〜、とうがった
見方をしてしまいがちですが。

京三郎さんが伊集院大介を連れて行ってくれた職人さんのように
昔ながらのやり方で地道に伝統を守っている人たちのおかげで
受け継がれているものも確かにあるけど、なんだかな〜。
どうもやさぐれた気持ちになっているので、素直に認めることが
出来ない…

やっぱり京都は時々たずねて行くのが一番よさを感じられる
街なんだと思いますよ、京都好きのみなさん。


話はそれまくりましたが、これは久々に伊集院大介シリーズの
本流という感じの作品です。最初はめげていた分厚さも、読み進んで
行くうちに気にならなくなりました。





【新品】[本] 木蓮荘綺譚伊集院大介の不思議な旅 / 栗本薫
サウンドショップすばる
■タイトル:木蓮荘綺譚伊集院大介の不思議な旅■著者:栗本薫■出版社:講談社■ISBN:4-06-21

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
栗本薫さんの「女郎蜘蛛 伊集院大介と幻の友禅」を読み終える♪
栗本薫さんの「女郎蜘蛛 伊集院大介と幻の友禅」を読み終えました♪ ...続きを見る
雑多なブログ
2009/11/30 08:00
女郎蜘蛛 伊集院大介と幻の友禅 栗本薫著(講談社)
久しぶりに伊集院大介らしい感じの作品だったように思う。 このところうざかったどろどろさ加減が、うまいことハマったのかな。 ...続きを見る
神保町の片隅で
2009/11/30 08:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
同じような感想をもつ方がいらっしゃって,ほっとしています。<おどろ〜
こうした作品であればもっともっと読みたかったのになと,わがままな一読者は考えてみたりして。
でも。
とりあえず,いままでありがとうございました。と著者には頭を下げるばかりです。

ところで,トラバが届いておりませぬ〜。うちで拒否しているわけではありませんのですが・・。ごめんなさいです。
いもこ
2009/11/30 10:26
>いもこさま

コメントありがとうございました<(_ _)>

ほんとに、もう新しいものが読めないのかと思うと、残る未読分を読むのがもったいないような気がしちゃいますね。

なんでトラバ届かなかったんでしょう…?
もう一度しつこくTRYしてみます…
山手のドルフィン
2009/11/30 23:34
届きました〜♪
ありがとうございました。

未読分より先に、大好きな「仮面舞踏会」に走ってしまいそうですよ、私(笑)。
いもこ
2009/12/01 00:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
●読書記録● 「女郎蜘蛛 伊集院大介と幻の友禅」 栗本 薫  The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる