The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ○読書記録○ 「ゴールデン・スランバー」 伊坂幸太郎

<<   作成日時 : 2009/10/04 12:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 8

画像


ネヅカ文庫です。
いつもお世話になってます

JFK暗殺事件を下敷きにしているストーリーでした。
最後まで結末が見えなくて、でも無駄な登場人物が一人も
いなくて、ハラハラしながら読み進みました。

結局最後まで、誰が暗殺犯なのかハッキリはしないわけ
ですが、でももやもやした気分にもならず、ラストシーンも
ほこっとした気分で読み終えることができました。

いや〜、面白かったです。

以前から気になっていた伊坂幸太郎ですが、1冊読むと
のめりこんじゃうだろうな・・・と思い、あえて手に取らない
ようにしていましたが、ついに読んでしまいました

もう、だめですね。きっとハマる(^_^;)
 

これも映画化されるようですが、主演が堺正人だそうです。
「ジェネラル・ルージュ…」はちょっと違うんじゃ?と思いましたが
これはイケると思います。

絶対見ようっと♪

●おまけ●

公式サイト ゴールデンスランバー
 http://www.golden-slumber.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【ゴールデンスランバー】 伊坂幸太郎 著
謀略…  ...続きを見る
じゅずじの旦那
2009/10/04 18:04
『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎
ゴールデンスランバーposted with amazlet at 08.02.0 ...続きを見る
Roko's Favorite Thin...
2009/10/04 19:06
「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎
{/book/}「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/10/06 18:40
伊坂 幸太郎「ゴールデンスランバー」
半端じゃないおもしろさ  ★★★★ ...続きを見る
Blanc Casse
2009/10/07 23:01
伊坂幸太郎  ゴールデンスランバー
&amp;nbsp;本屋大賞受賞おめでとうございますっ!圧勝でしたね。5年連続ノミネートされてやっとの受賞でした。よかったよかったεー(´ー`*)ホッ 伊坂作品って独特の文体や言い回しがクセになって面白く読める時もあるけれど、私に取ってはそれが少しくどいと感じてしまう時もあるんですよね。なので、伊坂作品はいつも本を手に取って読み始めるまでどっちに転ぶだろうか?とドキドキしながら読み始めるんですが、本作は非常に面白く読むことができました。子供の頃・・・小学生の頃だったかなぁ?鬼ごっこみたいな遊... ...続きを見る
マロンカフェ 〜のんびり読書〜
2009/10/08 12:57
伊坂幸太郎 『ゴールデンスランバー』
ゴールデンスランバー/伊坂 幸太郎 ...続きを見る
映画な日々。読書な日々。
2009/10/09 02:53
ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎
ゴールデンスランバー オススメ! 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。 昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。 訝る青柳に、森田は「おまえは、陥れら.... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2009/10/11 10:33
ゴールデンスランバー<伊坂幸太郎>−(本:2009年読了)−
ゴールデンスランバークチコミを見る ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2009/10/24 16:20
「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎
−仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、 青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。 昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。 訝る青柳に、森田は 「おまえは、陥れられている。今も、その最中だ」 「金 ...続きを見る
気まぐれな猫の日常
2009/10/25 20:16
伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』
ゴールデンスランバー (新潮文庫)伊坂 幸太郎新潮社このアイテムの詳細を見る ...続きを見る
itchy1976の日記
2011/01/12 19:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
山手のドルフィンさん☆はじめまして
青柳くんのお父さんがカッコ良かったですね!
どんな時にも信じてくれる人がいるって素晴らしいことです。
伊坂さんの本を読み出すと止まらなくなりますよ〜 (^o^)/
Roko
2009/10/04 19:04
怖い話でしたねぇ。
現実にあっても、まったくおかしくない。
映画も期待してます!

TB、コメントありがとうございました。
じゅずじ
2009/10/04 20:32
山手のドルフィンさん、こんばんは。
伊坂幸太郎さん、本書が最初なのですか? それはまたうらやましい。これからたっぷり楽しめますね。
はまりこむのもよいものです(笑)
ニックネームに親近感を憶えます。ご実家がお近くであれば、「ディックの花通信」にアクセスしていただくと、ときどき懐かしい光景に出会えるかも知れません。
ディック
2009/10/04 20:59
こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました!
初伊坂作品だったんですね〜。
まだまだ面白い作品がたくさんあるので楽しんでくださいね!
映画化も楽しみなような不安なような・・・です。
ミチ
2009/10/06 18:42
みなさま、コメントありがとうございました<(_ _)>

>Rokoさま

「痴漢は死ね」ですよね。映画では誰が演じるのか楽しみです。…と思って見てみたら、伊東四朗みたいです。悪くないですねぇ。

>じゅずじさま

ほんとに。セキュリティポッドなんて嘘くさいものを出しているからフィクションだと思うけど、そんな大がかりなものなくても密かに監視されててもおかしくない世の中ですよね。

>ディックさま

早速お邪魔してきました。多分うちの実家の御近所さんですね!

>ミチさま

はい!早速何冊か買いこんでありますが、他にも積んであるものが多すぎて…(^_^;)買った順にはならないとは思ってます
山手のドルフィン
2009/10/06 22:50
TBこちらからもさせていただきました〜よろしくお願いします

映画楽しみですね♪ 期待しすぎちゃいけないと思いつつ、やっぱり期待しまくって見ちゃうと思います♪
ブラン
2009/10/07 23:04
こんにちは〜TBありがとうございました♪
他の方もおっしゃっておられますが、これから伊坂作品を堪能できるとはうらやましいです。(^^)
この本は無駄なものがなくてたくさんの伏線がちゃんと収束してミステリとしても十分に楽しめますし、最後にはほっこり温かい気持ちにさせてくれますよね。大好きな作品です。(^^)
板栗香
2009/10/08 13:08
こんにちは。
こちらにも失礼いたします。
この作品はとても面白かったんですけど、怖かったですね。
無実の一人の人間を、こうも追い詰めることが出来るのかと。
青柳がとってもかっこよかったです。たくさん人に裏切られても、人を信じることを止めないことが。
最後は温かい気持ちになりました。
伊坂作品をこれからたくさん読めるなんて、本当に羨ましいです。
苗坊
2009/10/11 10:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
○読書記録○ 「ゴールデン・スランバー」 伊坂幸太郎 The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる