The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ●読書記録● 「バスジャック」 三崎亜記

<<   作成日時 : 2009/03/22 13:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 5

画像


「あの、”となり町戦争”の…」とさんざん枕詞がついている
三崎亜記さんのバスジャックという本を買ってしまったの
ですが、何を隠そう私はその名作(?)を読んでないのです

タイトルだけ見て少年少女文学かと思ってしまったので…

私が買ってしまったのは、帯に書いてある「とにかく…すごい
本です。」
という帯に書かれていたコメントのおかげですね〜。

だって、「そうとしか言えません。もう読んでもらう
しかありません。」
とたたみかけられているわけですし(^_^;)

そんなわけで、何の先入観ももたずに読んだわけですが。

シュール系の話が多い作家さんなんですかね〜???

この作品は短編集でしたが、しょっぱなの「二階扉をつけて
ください」を読みつつ、わけのわからん話だ…と思っていて
最後にやられました。これが私は一番面白かったかも。

「バスジャック」が流行する…というのも、ある意味トンでも
ストーリーではありますが、結構面白かった。バスジャックが
手順化されていき、犯人役と乗客役の間でルールが存在
したり、あまりにも犯人役がダメダメだと乗客が協力しあって
バスジャック不成立の判定をしたり、バスジャックの開始を
サイト申請したり…ありえない話なんだけど、ちょっと説得力が
ありました。

年に4〜5回は深夜バスを利用する私としては、深夜バスで
やられると寝られないから勘弁してくださいっって
ところですが。

あと、「送りの夏」は他の作品と比べて若干眺め、シュールと
いえばシュールですが、ちょっとテイストが違いしんみり読めました。
でも、麻美の母が最終的にどうするのかの決着が…ちょっと消化不良?

ただ、星新一のショートショートとは毛色が違うので、同じ匂いを
探して読むことはしない方がいいかと思います。

ここに各ストーリーの簡単な紹介と人気投票結果が出てました。
結果は作者の予想とは全然違ってたみたいですね

私の感想とは近いものがありましたが…

下の2サイトで三崎亜記さんの顔を初めて見ましたが、名探偵コナン
とかのアニメのキャラクターに似ている気がする…と思うのは私だけ
でしょうか

★おまけ★

バスジャック公式サイト
三崎亜記スペシャルインタビュー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「バスジャック」三崎亜記
バスジャック 三崎 亜記 ...続きを見る
ナナメモ
2009/03/23 14:08
「バスジャック」 三崎亜記
バスジャック 三崎亜記 集英社文庫 2008.11. (original 2005) 「となり町戦争」でアイデアが面白いなぁと思った三崎亜記の短編集。 全部で7編が収録されているんですが、どれも、TVの「世にも〜」でドラマ化されてもおかしくないような作品ばかりですね。「となり町戦争」のときと同じで、日常の中に、少しだけ異物が混入したような世界を描くこの作家の発想の面白さは今後も注目したいところ。 ただ、これも「となり町〜」のとき同じなんですが、設定勝ちみたいな感じになってしまってて、結局それ以上 ...続きを見る
Andre's Review
2009/03/24 00:02
バスジャック 三崎亜記 集英社
前作「となり町戦争」で直木賞の候補にも なった三崎さんの短編集。 ...続きを見る
おいしい本箱Diary
2009/03/25 20:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
書き込みありがとうございました。
私ははじめて三崎さんの写真を見た時、男?女?(笑)と思ってしまいました。
三崎さんの作品は、デビュー作でガン!やられました。
その後、その世界に入り込めずに躊躇してしまったことがあり、疎遠になってましたが、新作は読んでみようと思ってます。

ゆう
2009/03/23 09:48
こんにちは。
三崎さんの書く世界ってちょっとお役所的な決まりごとがある世界が多いなって思います。
私は好きだなって思うので、出るたびに必ず読んでます。
三崎さん、アニメキャラっぽいかもしれませんね(笑)
なな
2009/03/23 14:11
当ブログにご訪問いただきまして
どうもありがとうございました。

自分も「二階扉〜」が一番面白く、
「送りの夏」はちょっと物足りなかったので、
近い感想を持たれていてちょっと嬉しいです。

三崎作品は
発想がとても面白い作品が多いので、
今後も機会を見て読んでみたいなと思ってます。
ANDRE
2009/03/24 00:09
ご挨拶が遅れました。
三崎さんは、いつも日常の中に、うまく不条理を持ち込んで、びっくりさせてくれます。私も「気になる」作家さんです。
ERI
2009/03/25 20:55
みなさま、コメントありがとうございました<(_ _)>

>ゆうさま

そうか、となり町戦争ってやっぱりガツン!と来る感じなんですね。ぜひ読んでみます。

>ななさま

アニメキャラっぽいという不躾な感想に同意してくださる方がいて嬉しいです。

>ANDREさま

私も次は噂の「となり町戦争」を読んでみようと思ってます。

>ERIさま

不条理…でした。確かにどれもこれも。
私も気になってきました〜。
山手のドルフィン
2009/04/05 22:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
●読書記録● 「バスジャック」 三崎亜記 The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる