The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ○読書記録○ 「殺人の門」 東野圭吾

<<   作成日時 : 2009/02/15 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

画像


雨女カッパちゃんの、雨以外のお土産です。

結構な分厚さで、いただいてからしばらくは読み始める決心が
つかずに置いていあったのですが、いざ読み始めたら一気読み
でした。

主人公の田島和幸は歯科医の一人息子として、比較的恵まれた
環境に生まれついたのですが、祖母の死をめぐるうわさを発端に
本人の意向に反して転落の人生を歩み始めるのですが、その
人生の転機には必ずと言っていいほど小学校の同級生である
倉持修が登場するのです。

いつか彼を殺すことを心に誓い、人生を送っていくのだけれども
その転機転機に現れる倉持はなぜか和幸を親友として扱い、
彼を助け…が、しかし???

ということが何度も繰り返されるのです。

和幸も結構優不断な男で、最後の最後まで疑い切れず倉持の
甘い言葉に大いなる疑いを抱きつつも結局は引きずられていって
しまうわけで。

結局倉持の方が、役者が一枚上ってことなんでしょうね。

最後は、最後の最後にそう来るか!と思ってしまう結末でした。
なんか、すっきりしない読後感。

それにしても、エピソードとして採用されていた”田島和”は
結構笑えました。

というか、って書くべきところをと書く人はあまりいないような
気がするけどな〜。逆はありだと思うけど

辛口を幸口、とかね。

でも、私は”殺人の門”は何があっても絶対くぐらない自信があります。
だって血が苦手だし
和幸もあとちょっとだったのにね…知らなきゃよかったのに…

知らない方がいいことは、世の中にはいっぱいあるなぁ、と改めて
思ってしまったりしました…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
殺人の門 東野圭吾
「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。そして数多くの人間が不幸&... ...続きを見る
カブシキ!
2009/02/16 00:36
東野圭吾『殺人の門』
殺人の門角川書店このアイテムの詳細を見る ...続きを見る
itchy1976の日記
2009/02/16 01:49
◎「殺人の門」 東野圭吾 角川書店 1800円 2003/9
 前作『手紙』の後になんでこれ?っていうのが、評者の最初の素朴な疑問なのである。この作家は自分で意識して、小説の手法を変えてくるわけで、『名探偵の掟』や『超・殺人事件』の引き出し、『秘密』や『片思い』の引き出し、『レイクサイド』や『嘘をもうひとつだけ』の引き出し、最近では『ゲームの名は誘拐』でウェストレイク=ドートマンダー的手法の引き出しを新たに見せてくれたのだったが、今回は2作続けて同じテイストなのである。 ...続きを見る
「本のことども」by聖月
2009/02/16 08:50
東野圭吾のことども
  ○ 『天空の蜂』 ◎◎ 『名探偵の掟』   × 『探偵ガリレオ』   △ 『秘密』 既読書評なしm(__)m ◎◎ 『白夜行』   ○ 『嘘をもうひとつだけ』 既読書評なしm(__)m   ○ 『予知夢』   △ 『片想い』 既読書評なし   ○ 『超・殺人事件』   ▲ 『レイクサイド』   ○ 『トキオ』   ◎ 『ゲームの名は誘拐』   ◎ 『手紙』   ▲ 『おれは非情勤』   ◎ 『殺人の門』 ◎◎ 『幻夜』 ◎◎ 『さまよう刃』   ○ 『黒笑小... ...続きを見る
「本のことども」by聖月
2009/02/16 08:51
『殺人の門』東野圭吾  感想
これもまた、角川フェアに釣られて買ってしまった作品。どうせ買う予定はもちろんあったのですが...やっぱエサがねぇ...orz悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。そして数多くの人間が不幸になった。あいつだけは生かしておいてはならない。... ...続きを見る
まったり感想日記
2009/02/16 11:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
○読書記録○ 「殺人の門」 東野圭吾 The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる