The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ●読書記録● 「私は美人」 酒井順子

<<   作成日時 : 2009/02/24 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

画像


私は酒井順子の20年来の読者です。
この人の書いたものはなぜか、とっても波長が合のです。

うっかり「負け犬の遠吠え」が社会現象になってしまい、著名人の
階段を3段くらい上がってしまった感じですが、本人はきっとそんな
気合を入れて書いたつもりのものではないと思うのです。

いつもどおり、淡々とした筆致で自分の周りの人々を分析し、
”負け犬”と言ってみたところ、ちょうど30代後半で独身だが人生を
謳歌(?)している女性を指す言葉を探していたマスコミに飛びつかれ
なんだかわけのわからないことに…とご本人も思っているような
気がする(勝手な推測ですが)。

で、この作品も、いつもどおり淡々と、鋭いことが書かれています。

多くの女性は自分のことを「私は美人である」と「私は美人ではない」
という二つの相反する意識を持っているものの、日本には「女は、
たとえ自分が美人であろうとなかろうと、自分のことを美人だと
おもってはならない」という鉄則が存在する
のだそうです。

ふぅむ、そうかも。

そして、男性は「あいつは自分が美人なことを分かっていない」女性が
お好み
だそうで、女性はますます自分が本当は美人かも?と思って
いても、気づいていないふりをするとか。

そうかも、そうかも。
よく「気づいてないわけないじゃん」と思ってたし(^_^;)

”美人”って何かとたいへんだわ…

そんな美人をいろいろ細分化(?)して、例の淡々とした筆致で分析を
加えております。

たとえば、”元美人”のところでは、同窓会に行って久々に思ったこと
として「ブスが目だななくなっている!」。人の容姿というのは年とともに
平均かしていく、という鋭いコメントがありました。はっきりした目鼻立ちの
人は更け易いが、のっぺりした顔立ちの人は老化が目立ちにくく老けにくい、
という、なんともありがたいお言葉が…。

”政界美人”も結構ツボでした。
1989年のマドンナ旋風が吹き荒れたときには、女とあれば誰しも美人、
という勢いだった…と。た〜しかに私もそう思ってました。だって、えぇ???
誰がマドンナだってぇ〜っ???という面々が薔薇の花を咲かせており、
政治家になりさえすれば私も美人と呼ばれるかも?と思えるくらいの
レベルだったのを覚えております…。

それに比べれば、佐藤ゆかり氏や藤野真紀子氏は絶対的に美人だと
思います。片山さつきさ氏はちょっと如何なものか…と思いますが。
あの人、お顔の造作はともかくセンスが古すぎますよね。スタイリスト
つければいいのに…

そういえば、私たちも海外旅行に行った先で「もしここで私たちが
事故にあって死んじゃったりしたら、”美人OL市の旅行”とか
書かれるよね〜」なんて言ったりしていたものでした。


話はそれましたが、微妙な”美人”というトピックスをネタに、同姓に
反感買うことなく、淡々といろいろな種類の美人が語られていきます。

最後に、”日本海側美人一県おき説”の検証の旅の様子がレポート
されています。これがまた可笑しい。

やっぱり美人量産県ってあるんですね〜。
秋田とか、福岡とか。

ちなみに個人的に思う美人東西比較ですが、若い女性は東京も大阪も
あまり変わらないと思うものの、”おばさん”の年代は東京のおばさんの
方が美人かな、というか雰囲気作りがうまいのかな?と思います。
大阪のおばちゃん、ド派手ですからね〜パーマきついし。

あ、あと若い男の子は東京にいる男の子の方が断然垢ぬけてて、
かっこいいわ、と思いました。

おじさんは、どこにいてもおじさんなので変わんないですね〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
私は美人
私は美人 酒井 順子 ...続きを見る
nhosan's works
2009/02/25 08:22
私は美人(本のタイトルです。誤解無きよう……:爆)
私は美人 酒井 順子朝日新聞社2005-11 定価 ¥ 1,260 私は美人,... ...続きを見る
Pooh's Books::Japane...
2009/02/25 09:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして
コメントとトラックバックありがとうございます♪
酒井順子さんの文章はほんと
ためらいの無い感じがいいです
nhosan
2009/02/25 08:24
>nhosanさま

コメントありがとうございました<(_ _)>
そうそう、スパッと斬る、みたいな(^_^;)
斬られた人もこれだけスパッとやられれれば本望!みたいな。そんなことはないですね…そりゃ痛いですねぇ…。でも”負け犬”なんてもろに自分のことでしたが、なんてうまいネーミングなんだろうと関心してしまったくらいです。
山手のドルフィン
2009/02/28 18:19
EMONと申します。
酒井順子、大好きです!
あの淡々と分析する感じが好きですね〜
負け犬以前からの読者でしたが、「負け犬」現象に一番驚いたのはご本人だと、私も思います!
EMON
2009/03/01 12:45
>EMONさま

コメントありがとうございました<(_ _)>
やっぱりそうですよね〜。
でもあれ以降も変わらないスタンスで淡々と、
意外とくだらないことをやってたりする酒井さん、
いいですよね。
山手のドルフィン
2009/03/01 14:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
●読書記録● 「私は美人」 酒井順子 The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる