The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ●読書記録● 「死神の精度」 伊坂幸太郎

<<   作成日時 : 2009/01/04 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

画像


”初”伊坂幸太郎でした。
金城武の主演映画公開に合わせて平積みになってたのを
買ってそのままになっていたものがたまたま発掘され、
通勤の友として選ばれたのですが、これ、イイデス!!!

短編集ですが、それぞれの話がつながりが全然内容で
ちょっとずつつながってたりする。最後の話なんてすごく
いいです。

多分金城が演じたのは”死神・千葉”だと思われますが
この千葉のキャラ、すごくいいです。ちょっと日本語が不自由(?)
だったりして可愛らしい。

心温まる話あり、推理小説チックな話あり、ストーリーにも
VARAETYがあり、ですが、対象者はすでに選ばれており、
基本死神は選ばれた対象者の死に対して7日間の観察の
後”可”または”見送り”を判定するのが死神の仕事です。
千葉ちゃんの判定は基本すべて”可”。でもごくまれに
もう少し先を見てみたい人に対しては”見送り”とすることも
あるのですが。

見送られた人が後々こんなにさりげなくかかわって
くるんだ〜っていうその気持ちよさが心地よかった。

映画も見てみたいな、と思いました。
金城だしね

★おまけ★
Sweet Rain〜死神の精度 公式HP
http://www.shinigaminoseido.jp/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
死神の精度
ミュージック好きな死神。このユーモア感あふれるキャラクターをここまで自在に操れる ...続きを見る
RAKUGAKI
2009/01/04 09:44
伊坂幸太郎「死神の精度」
死神の精度伊坂幸太郎「死神の精度」 人って、自分が死ぬことを意外に自覚していない・・ 養老孟司さんの「自分は死なないと思っているヒトへ」を  モチーフにしたような物語。 どの作品もいいのですが、 「恋愛で死神」の恋心、 「死神対老女」の老女の粋なはから... ...続きを見る
システムエンジニアの晴耕雨読
2009/01/04 21:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TB&コメントありがとうございました。

>”初”伊坂幸太郎でした。
私もこのお正月休みに初めて手に取りました。
伊坂さん、上手いですね〜

>多分金城が演じたのは”死神・千葉”だと思われますが
金城さんの死神、見てみたいです。
舌足らずも、味わいがありそうですね!
モモンガ
2009/01/04 21:19
>モモンガさま

コメントありがとうございました。
ずっと前、不夜城に出ていた金城くんは
舌っ足らずな歌舞伎町のチンピラで、正直
あまりイケてませんでしたが、きっと千葉役
ならハマりそうですよね!
山手のドルフィン
2009/01/25 19:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
●読書記録● 「死神の精度」 伊坂幸太郎 The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる