The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に

アクセスカウンタ

zoom RSS ●読書記録● 「芸人学生、知事になる」 東国原英夫

<<   作成日時 : 2008/11/16 01:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


平積みになっているとついつい手に取ってしまうのですが、
この本も2-3ヶ月前に平積みされていてついつい手に取って
ご購入。

そのまま忘れておりましたが、この度たまたまつかんだので
ようやく陽の目(?)を浴びることとなりました。

例の、18歳未満の子が働いていた風俗に出入りしたという
ことに端を発して謹慎をくらってから早稲田の政経に入学する
ところまでをつづった芸人時代に書いたと思われる著書に、
知事になってからのエピローグを付け足したものです。

いったんどん底まで落ちれば後は這い上がってくるだけだ、
とはよく言われる言葉ですが、それをちゃんと実践できる人って
実際どれくらいいるのかは疑問ですが、でもこの人はその数
少ない中の一人ですね。

40歳を過ぎて変われる、というのはすごいことだと思う。

受けたダメージと、”そのまんま東”が背負っていたものが
それだけ大きかったということだと思います。

県知事になって初出勤の時に作業着を着て行ったり、知事
公邸を使わなかったり、というのを単なるパフォーマンスだと
思っていたけれど、ちゃんと学生の時のフィールドワークを
経て、準備をしっかり整えたうえで知事選に挑んだんだと
いうことがわかり、ちょっとばっかり見る目が変わりました。

少なくとも、セクハラ疑惑で途中退任した、芸人出身の某
元大阪府知事とは大違いなんでしょう。(私は彼の2選を聞いて、
大阪の人ダイジョーブ?と本気で心配してました。その大阪に
よもや住むことになろうとは…)


この中で書かれていたエピソードでは、さんまからゴルフに
誘われた話が好きです。

謹慎前は毎回参加していたさんま主催の「東西お笑い名人会」
というゴルフコンペに久々に誘ってもらったけど、参加費が8万円!
毎日ワセダの貧乏学生と350円のお弁当を買ったりしている
うちにすっかり金銭感覚が庶民に戻った東は、返信用のはがきに
欠席としるしをつけ、素直に「お金がありません」と書いて送った
ところ、さんまにウケてしまい、みんなから東の参加費のカンパを
募ってくれたおかげで東は参加。しかも優勝までしてしまったので
賞金で参加費を返そうとしたら、さんまが「誰が出したかいちいち
覚えてへんでぇ」というのでありがたく賞金をいただいて帰り、
さんまの優しさに暖かい気持ちになっていたそうです。

が、翌日テレビで「東はドロボーや。生活保護受けて海外旅行
行ってるのと同じことや」とネタにされていたとか

いや〜さんまちゃん、どんなエピソードでも無駄にしないところが
さすが


●おまけ●

そのまんま日記・この本発売日のブログ
http://ameblo.jp/higashi-blog/entry-10098589325.html

5月20日の発売だったらしい。
ということは、購入後5か月近く放置されていたということに…(^_^;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご訪問ありがとうございました
私も本屋で積まれていておもしろそうだな〜と思って買ったのですが、そのまま放置し、読んだのは2ヶ月近くあとでした。。
知事選に出馬した時はまたタレント議員か〜って思っていたのが、この本を読んでからは知事を本当に応援したくなりました
文章もとても上手ですよね!
なぎ
2008/11/16 19:21
>なぎさま

コメントありがとうございました<(_ _)>
やっぱり、なんとなく”タレント議員”と思ってしまうのは、今までにあまりになんのバックグランドもなく安直に立候補し知名度だけで当選し、その後なにしてるのかよくわからない人が多すぎたってことだと思うのですが、彼も同じかとおもったらちょっと違うみたいです。
今後に期待、ですね!
山手のドルフィン
2008/11/16 23:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
●読書記録● 「芸人学生、知事になる」 東国原英夫 The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる