The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に

アクセスカウンタ

zoom RSS ○読書記録○ 「ブラックペアン 1988」 海堂尊

<<   作成日時 : 2008/10/26 01:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 4

画像


ネヅカ家からまとめてお借りした海堂尊シリーズ(と勝手に名付ける)
の最後の1冊です。

再び東城医大が舞台ですが、タイトルにもあるように年代を遡って
1988年の話です。

オレンジ病棟設立に貢献した、と名前が何度も登場した佐伯教授が
まだ現役バリバリの教授で、高階先生は帝華大から迎えられた
ばかりの助教授、そして本作のメインキャラは初めて名前を聞く世良くん
という、まだ医者になりたて、というか、病院勤務を始めたものの実は
国家試験の結果発表待ち、という微妙な立場で登場します。

聞いたことのある名前の人たちが次々と登場し、へ〜やっぱり、と
いう若かりし頃の姿を披露していて微笑ましい部分もあります。

愚痴外来の田口先生は、学部生として手術に立ち会い、たぶん
その時の事件(?)が徹底的なトラウマ(笑)となり、血を見なくて済む
ように神経内科の道を進むことにしたらしい(^_^;) 速水先生も同じく
学部生として同じ手術を見学、ゆくゆくは…という姿を彷彿させてました。

(余談ですが、このときの田口先生、というか田口くんは電車男・
伊藤くんでもいいな〜。あのバチスタ事件の田口先生役はいま一つ
しっくりきてないのですが。でも仲村トオルの方がもっとしっくりこないか。
といっても、トオルが悪いわけではないのです。なんたって私の白鳥
イメージは”鍋おたく”こと田口浩正なので^_^;)

花房婦長は新米の手術室勤務の看護師、猫田師長はその先輩で
このころからすきを見ては居眠りできる場所を探しているものの
有能さを発揮していて、さらにその上司の師長が藤原さん。役者は
そろってます。

メインキャラの世良くんと、手術室の悪魔と言われる一番腕のいい
ヒラの医局員、渡海先生だけがバチスタ事件の時すでに東城医大
病院から去っていたようです。

なんか、小説として純粋に面白かったな〜。

渡海先生と世良くん、いや世良先生のその後もぜひ知りたい
気分です。

ところで、ペアンってあの鋏みたいな形した、ガーゼとかはさむ
ヤツのことなんですね〜。知りませんでした…

驚いたことに、あの通販のセシールでも売っているらしいです。
(これこれ)↓
http://www.cecile.co.jp/detail/1/BTHG1C000116/


★書評★
読売新聞:
http://blogs.yomiuri.co.jp/book/2007/12/1988_6f5a.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【ブラックペアン1988】 海堂尊 著
1988年、あの「チーム・バチスタの栄光」で田口先生率いる「不定愁訴外来」ができる20年前、東城大学医学部付属病院でいったい何があったのか… ...続きを見る
じゅずじの旦那
2008/10/26 10:02
ブラックペアン1988 〔海堂 尊〕
ブラックペアン1988海堂 尊講談社 2007-09-21売り上げランキング : 1613おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 驚愕手術の結末! 外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院……... ...続きを見る
まったり読書日記
2008/10/26 19:58
海堂尊『ブラックペアン1988』
あの頃君たちは若かった!! ...続きを見る
待ち合わせは本屋さんで
2008/10/26 20:47
『ブラックペアン1988』/海堂尊 ◎
あの「バチスタ・スキャンダル」から遡ること約20年・・・。 1988年、バブル景気に日本中が踊らされていたころ。東城大学医学部付属病院に、嵐のきっかけとなる講師が赴任してきた。小天狗とも阿修羅とも呼ばれ、高い外科技術を持つその男・後の院長となる高階である。これは、高階を指導医(オーベン)とする1年目研修医(ネーベン)・世良の経験した、東城大付属病院に吹き荒れた嵐の物語。 現在の医療界の問題の萌芽は、すでに、この頃から見られていたという・・・。 ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2008/10/26 22:43
『ブラックペアン1988』
今日読んだ本は、海堂 尊さんの『ブラックペアン1988』です。 ...続きを見る
いつか どこかで
2008/10/28 09:09
ブラックペアン1988<海堂尊>−(本:2009年)−
ブラックペアン1988クチコミを見る ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2009/09/19 09:21
「ブラックペアン1988」【本】海堂尊
研修医が白衣に咲かせる『牡丹の花』。 海堂 尊著「ブラックペアン1988」 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2010/03/20 21:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お馴染みに方々が随分若くていらっしゃる(笑

でも、その頃からみんな変わってなかったんですねぇ。
新キャラも出てくるし、楽しく読ませていただきました。
じゅずじ
2008/10/26 10:05
>じゅずじさま

コメントありがとうございました<(_ _)>
私は田口先生の同期3人組の登場シーンがかなり好きでしたね〜。書いたレポートも3人3様でツボにハマりました。
世良先生に今の3人を見てほしいですよね。
山手のドルフィン
2008/10/26 23:29
こんにちは。
田口先生や高階先生などみんな若くて、読んでいて楽しくてさわやかな話でしたね。
世良先生と渡海先生のその後、気になりますね。
TBがうまく反映されないみたいです。すみません。

ところで、小田さんのファンなんですね。
そちらの記事にもコメントしてみました。
mint
2008/10/28 09:23
>mintさま

コメントありがとうございました<(_ _)>
そうなんです。結構長いこと小田さんのファンなんです(^_^;)
そういえば、小田さんも最初千葉大の医学部に行こうと思ってたんですよね。で、見学に行ってあの病院独特のにおいにやられてやめた…って。

今では全然小田さんと病院は結びつきませんが、医者になっていたら今頃高階先生ぐらいの年周りなんじゃないかと。
どんな医者になっていただろうか…と突然妄想に走ってしまいました。
山手のドルフィン
2008/11/03 19:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
○読書記録○ 「ブラックペアン 1988」 海堂尊 The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる