The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ●読書記録● 「苛立つ中国」 富坂聰

<<   作成日時 : 2008/08/31 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


北京オリンピックにちなんだ中国関連読書シリーズも、オリンピックが
終わってしまったのでほぼ最後?くらいに読んだこの本が、今まで
読んでたおバカ本と比べても格段に重い内容でした。

反日デモが起きたり、西安の大学生の余興が誤解され、大騒動に
なったりしたことはもちろん知っていましたが、尖閣諸島の釣魚島の
ことを中国本土の人どころか香港の人までがそんな重要事項として
とらえていたなんて全然知りませんでした。

でも、この尖閣諸島も竹島も、日本はきちんとした手順を踏んで、
国際法的にも認められて日本の領土だと宣言しているのに、中国では
そのきちんと手順を踏んだんだという事実が伝えられず、本来は中国の
領土であったのに日本がどさくさにまぎれて占領している!という
間違った解釈がまかり通り、その結果死者まで出し(それだって死んだ
本人が迂闊なのであって日本がなにか攻撃をしかけたわけではない)
さらに日本たたきの強烈なネタになっているというこの釈然としない事実。

だいたい日本人はけりがついたことは水に流すし、死んでしまえばみんな
仏様だから死者に鞭打つようなことはしない国民性だけど、中国では
死んだからと言って許されるようなことは決してなく、孫子の代まで恨みは
語り継がれる国民性なわけで、この関係に終りが訪れることはないような
気がする…

私には中国人の友達も何人かいて、それぞれみんないい人たちで大好き
だけど、やっぱり中国という国家はどうしても好きになれそうもありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
山手のドルフィンさん!
久しぶりにアクセスいただきました。
お元気そうですね!
国民性の違いはなかなか埋められない
ですよね!小生は仕事の関係で
中国へ13年前から行き来していますが、”あきらめず、あてにせず、あわよくば”の3原則でお付き合いしています。(苦笑)
はしる
2008/09/02 12:43
山手のドルフィンさん!
またまたアクセスしました。
お元気ですか?
九州は、ここ二日間、真夏へ
逆戻りです。蒸し暑い!
たまりません!お身体には気をつけて
お元気にお過ごしください。
はしる
2008/09/07 10:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
●読書記録● 「苛立つ中国」 富坂聰 The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる