The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ●読書記録● 「小田和正インタビュー たしかなこと」 小貫信昭

<<   作成日時 : 2008/05/18 15:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


もちろん私はかなり年季の入った小田さんファンなので、このような
ものがでるとかなり高い確率で購入するのですが、忙しかったりも
して買った時点で満足してしまい実は読んでいなかったり開封して
いなかったりするものが結構あったりします(^_^;)

今回第何次かの小田さんMYブームが訪れたのを契機に、そういえば
何年か前に買ったし〜と思って引っ張り出して読んでみました。

いやいや、小田さんも年をとったというか、丸くなったというか。
やっぱり交通事故にあってかなり考え方が変わったような気が
しますよ、小田さんったら。

昔は小田さんは「さよなら」は嫌いなんだと思っていて、一時期全然
歌わないこともあったりしてましたが、それが最近は必ず歌うな〜と
思っていたら、それは自分が他のアーティストのコンサートで代表
曲をうわたないと「歌わないのかよ〜」と思ったりすることがあり
そんな経験に基づいてライブの曲を選曲してるらしいです。
 
昔書いた「地球は狭くなりました」「幻想」なんてIQが高かった気が
する、とかいう発言もあり、それがどうして「恋は大騒ぎ」や「キラキラ」
になってしまったのか(ってほど小難しくはないけど)についても語って
いて、長年ファンだった私は時の流れを感じつつも非常に楽しめました。

インタビューなので、基本的に話し言葉で書かれていて、歌詞から
想像する語り口とはかなり違う、その辺のおっさん的なボキャブラリーが
ちりばめられたりもしていて、昔(もしかしたら今もか?)の優等生的な
イメージとはちょっと違うかもしれません??? 意外と毒舌だし。

でも話している内容はどんなに本人が噛み砕こうと、やっぱりIQが高い
人でないと離せない内容だとも思います。

そういえば、かつて一人だけ、「小田和正のトークにハマりました!」と
いう後輩がいて、彼はご褒美に(?)コンサートに連れて行ってあげた
ことがあります。あのトークが最高だと言っており、そんな人は初めて
見た私は、5人最後の武道館では楽日以外「今晩は、オフコースです」
「どうもありがとう」の二言しか話さなかったことを思い出して(楽日には
これにメンバー紹介がついただけでしたが(^_^;))これまた時の流れを
感じたりしておりました。

(そのお礼なのでしょうか、このたびめでたく彼の結婚式に招待
されてしまいました…)

その昔、オフコースカンパニーが入っていた原宿の「和合ハイツ」の
写真が載っていたりもして、かなり懐かしかったです。なんたって、
そこまでバレンタインのプレゼントを持って行ったりしたことがある
くらいなので…。かなりクラシックなアパートで、あのあたりの
再開発ですっかり無くなっているだろうと思ってたのにまだ健在(?)で
あったとは。

伝説として語り継がれていた(私の極身近な間だけですが…)
タケノコご飯の話、が書いてあったりもして、忘れていた記憶が
わんさか蘇ってきました。

小田さんを好きだったことのある人にはちょっとばっかりお勧めの
1冊です。


ちなみに小田さん57歳当時のインタビューなので、還暦を迎えた今、
また違うコメントが聞けるかもしれません?! …ってことで、足しげく
コンサートに通う私(^_^;) 

今週の木曜日の横浜のライブにどうやって関西から行くつもり
なのか未だに決まっておりませんが… どうしよう…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
●読書記録● 「小田和正インタビュー たしかなこと」 小貫信昭 The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる