The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ●読書記録● 「家庭の事情」 泉麻人

<<   作成日時 : 2008/05/18 14:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


「積ん読」の山が崩れた時に出てきました(^_^;)

途中まで読んであったらしく、しおりが真ん中あたりに挟まって
いたので残りわずかだ!行っちゃえ!とばかりに読み始めましたが
結局その前は全然覚えてなくて、エッセイだから飛ばしてもいいのに
読み直し(^_^;)(^_^;)(^_^;)

どうやら創刊間もない「VERY」に連載されていた文章をまとめた
ものらしく、泉麻人が書いた他のものと同様、書かれた時代
(90年代半ば?)の時代を色濃く映していました。

VERYな奥様の裏で人知れずジタバタしている旦那さん族の生態
のようなものが垣間見れて面白いといえば面白かったかも。

泉麻人のお友達だか後輩だかがスマップにハマっている、という
手紙をくれた、というくだりは、今なら「娘と一緒にKAT-TUNにハマって
いますというメールをもらった」になるんだろうな〜などと思いつつ
呼んでおりました。

当時その友達だか後輩だかに聞かされた話から得た情報として
”コアなファン”(←これって泉麻人独特の言い回しですね)は
スマップのことを「マップ」と呼ぶのだそうです(もちろん当時で
しょうが初耳)。これを聞いて泉麻人はその昔フォーリーブスの
追っかけをやっていた友達が彼らのことを「リーブ」と呼んでいた
(これももちろん初耳)ことを思い出し、「ジャニーズファンに伝統的に
受け継がれている呼び方なのだろう」と考察してました。(考察って
ほどでもないか)

そのころ流行っていたドラマが「Age, 35」。
そう、あのシャ乱Qの♪チャラッ!チャッ!チャチャ!ロンリー
君はぁ〜一人か〜い♪が主題歌の、中井貴一が瀬戸朝香に
どんどんハマっていく話です。あのドラマでの中井貴一が驚きすぎで
ある、とかそんなことが書いてあり、懐かしく思い出したりしました。

このドラマ、NG大賞にも出品されていて、噛みつつも続ける中井
貴一の妻役の田中美佐子に、役のシリアスな雰囲気のまま「そのまま
続けられるわけがないだろう!」と突っ込む、という、私にとっては
ひどくツボにはまったNGで未だに忘れられません(^_^;)

携帯が嫌いなので持たない主義だ、というようなことも書いて
あったけど、それを今も貫いているのかといえば、別の本を読んだ
時に世の流れに逆らえず携帯を買った、というのを読んだような
気がするので、この10年程の変遷をぜひ比べてみたいものだと
思ったりもしました。

そう、10数年たっているわけですよ、VERYの創刊から。
確か「私たちの着る服がない!」というのがキャッチフレーズでした。
創刊号には石田純一のエッセイも掲載されていました。
もちろん創刊から3号ぐらいまでは購入していましたが、「幼稚園の
お迎えに着ていく服」と言って甘い色、甘いデザインの服ばかりが
登場するのについにGIVE UP。その後はなかなかご縁がありません。

でも、今思っても正当なJJの後継誌(っていうの?)のあり方では
あったと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
●読書記録● 「家庭の事情」 泉麻人 The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる