The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ●読書記録● 「名探偵の呪縛」 東野圭吾

<<   作成日時 : 2008/03/12 08:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
この前読んだ「名探偵天下一」シリーズ(?になるわけないんだけど…)と思われるものを見つけたので、記憶が薄れないうちに、と、沢山ある順番待ちを押しのけて早速読んじゃいました。
前作は大河原警部がストーリーテラーの短編集、名探偵より先に真犯人を見つけちゃいけないんだから推理小説の脇役警部はツラいよ、というテイストでしたが今回のストーリーテラーは小説家だった筈なのにいつの間にか自分が天下一になって事件解決することに…という展開の長編小説です。

前作のような皮肉っぽい作りではなく、本格推理と呼ばれる謎解き中心の作風から離れた自分から過去の自分へのオマージュ的な、ファンタジーっぽい作りです。

一応それなりに謎は解決され犯人は見つかりますが、やっぱりファンタジーかな〜?


スミマセン。ファンタジー、ちょっと苦手ですm(_ _)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
●読書記録● 「名探偵の呪縛」 東野圭吾 The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる