The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に

アクセスカウンタ

zoom RSS 戻ってきたクリスマスカード - Annaのこと

<<   作成日時 : 2008/02/13 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日家に帰ってきてポストを覗いたら、なんだかダイレクトメールでは
ない封書が入っていたのでわくわくして裏からポストの中身を
取り出したら。

画像


去年の12月に出したクリスマスカードが韓国から戻ってきたものでした…

このクリスマスカードは、Annaという韓国人の友達に送ったものだったの
ですが、彼女とはおととしの12月に電話で話をしたのが最後でした。

もちろん、そう頻繁に電話したり会ったり、ということがあったわけでは
なくて、クリスマスカードを交換したり、たま〜にメールをして近況報告を
したり、という程度のお付き合いだったのですが、私の「くどくてしつこくて
自己中心的」という韓国人観を変えたのが彼女でした。

12月に突然電話がかかってきて、少し話をしたときに、「一人暮らしを
始めたから今度韓国に来た時はうちに泊まってね!」とはしゃいで
いたのでちょっとばっかりその気になってもいたのですが、去年図らずも
韓国に出張する機会があり、ほんの1泊2日だったので会うのは難しい
かもしれないけど電話で話でもできたら、と思って、前日にプライベートの
メールに「いつもの携帯は海外で使えないから、会社の携帯から電話
するね。番号はこれだから」と連絡入れておき、いざ夜に電話を入れたら。

おじさんが「ヨボセヨ…なんとかヤンなんとかかんとか・・・」と出てきました。

ひぇぇぇ〜なぜぇ〜???と思いつつも、「私は日本から来たAnnaの友達
ですが、せっかく韓国に来たのでAnnaと話したいと思って電話しました。
この電話はAnna Yangさんのものではないのですか?」と聞いてみましたが
おじさんは韓国語しか話さないで切れてしまったので、結局Annaが番号を
変えたのかどうかはわからずじまい。まぁ、私の変な英語が通じなかった
だけかもしれませんが。でも、ヤンというのは彼女の苗字でもあるので
もしかしたらおお父さんだったのかも。

もともとAnnaとは仕事を通じて仲良くなったので、もう数年前に辞めて
しまったもののまだ彼女を知っている人はうちの会社にはたくさんいて、
翌朝もAnnaと個人的に仲のよかったJasonが私をホテルに迎えに来て
くれたので、彼に前夜の出来事を話し、「Annaの連絡先知ってる?」と
聞いてみました。すると彼はしばし沈黙ののち「Annaはずいぶん長いこと
入院しているんだ」とのこと。だって私はその前の年の年末に彼女と
電話で話したけどとても元気そうだったよ!と反論すると、そのすぐあとに
一人暮らしを始めた部屋にご両親が訪ねてきて、倒れている彼女を
発見しそのまま病院に入院となったのだそう。

今は徐々に回復はしているのではないかと思うが、たぶん家族しか
彼女には会えないような状態だ、と。

そのあと別のおじさん(独学で日本語を勉強したのだそうで、怪しい
日本語を操る)にも聞いたところ、「Annaさんは脳膜炎です」と言って
いました。

その情報の真偽はともかく、その後ずっと床に臥せっているのは確かな
ようで、私に何ができるわけでもなかったのですが、彼女は敬虔な
クリスチャンだったので、せめて教会に行く代りにベッドの中にいても
クリスマスをお祝いできればいいな、と思って、賛美歌のメロディカードを
選んで前の年まで出していた住所に送りました。


そんなカードが戻ってきてしまったのです…

どうしちゃったんだろう。心配です…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戻ってきたクリスマスカード - Annaのこと The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる