The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱根駅伝

<<   作成日時 : 2008/01/05 12:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結局2位でした・・・わが母校。
でも、復路で9区までトップを譲らないなんて、近年稀過ぎて
またまたテレビ前を離れられませんでした。いや〜よくがんばり
ました!仄かな期待も持たせてくれてありがとう。

アンカーの神澤くんは学院出身・理工学部とやらだそうで、
「賢い・・・」と無駄な学歴好きの私にまたまた応援スイッチが。
”ワセダで走りたい!その為に高校で学院を受験し・・・”という
アナウンサーの事実を基にして多少感動ポイントが増幅されて
いると思われるエピソードがますます私の応援魂をゆすぶりました(^_^;)

今年は往路・復路を合わせて3人も途中棄権者が出てしまい、その度に
彼らの心中を思うと涙ぐんでしまっておりました。駅伝って泣けます
よね・・・マラソンは途中リタイアでも全部自分のせい。結果が自分に
だけ帰ってくるので一人で背負っていけばよいのですが、駅伝は
チーム全員途中棄権になってしまうわけだし、ましてや学生駅伝は
出場機会がたった4回しかないわけで、4年生にしてみれば最後の
チャンス。それを下級生が倒れて棄権・・・となってしまっては、
倒れてしまった下級生は自分のことより、4年生に申し訳ない気持ちで
いっぱいになってしまうだろうな〜と思うにつけまた涙。

全員、ゴールまであと少しのところだったのも、さぞかし残念だった
だろう・・・と思います。


笑ってしまったのは解説の瀬古。
6区山下りの加藤創大が苦しそうな表情で走る姿を実況アナが
指摘する度に「いや、彼はもともとこういう顔なんです」。

そうかもしれないけど、もうすこし別のいい方してもいいんじゃ・・・?
と思いましたが、何度聞かれても「いや、もともとこういう顔して
走るんです」。

同じ内容でも、もうちょっと解説者らしいコメントが欲しかったかも。

うちの怒りっぽい父などは「解説ではなく単なる応援だっ!」と
言って怒っておりました。まぁ、10年に1度くらいしかないわけだし、
たまにはOBとして舞い上がってもいいじゃないさ〜、と甘々な
発言を繰り返す同窓生の私でした。

箱根駅伝公式サイト: http://www.hakone-ekiden.jp/
箱根駅伝サイト(日テレ): http://www.ntv.co.jp/hakone/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱根駅伝 The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる