The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS ○読書記録 「夜明けの街で」 東野圭吾

<<   作成日時 : 2007/09/30 18:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

東野圭吾の新刊、貸していただきました。相変わらず、先が気になってたった二日で読み終わってしまいました…

今度は不倫にハマっていく40手前の会社員が主人公です。その不倫相手の派遣社員の名前は秋葉(アキハ)。

ついこの前までやっていたイケパラで、紺野まひるがやっていた役名がまさに秋葉。中学の時に習った先生はこの字でアキバ先生というお名前でした(しかも前歯が金歯だったのでアキンバなどという失礼なあだ名で呼ばせていただいておりました。10代の女の子って残酷…)あのドラマを見ていたおかげ(?)で、脳内の秋葉イメージがアキンバではなく紺野まひるになりました(b^-゜)よかった…
そういえば唐沢くんがでていたドラマ「小早川〜」での不倫相手を演じていたのがやはり紺野まひるだったので、イメージはピッタリかも。

さてさて、当然のようにミステリー仕立てですが、それよりも主人公の心理描写に重きが置かれていたように思います。

ケイゴリン(どの作品かわすれてしまいましたが、作家仲間さんが文庫化の際の解説に、東野さんは銀座のおねーさんからそう呼ばれていてモテモテ、同世代同ジャンル作家のオレは全然モテないと書いてました〜f^_^;)、絶対にはやめた方がよい、とわかっているのに不倫に走るオトコ心を書きたかったと見えます。

彼の不倫をなんとか止めようとする友達の活躍(?)とその真意がなかなかよかったです(´∀`)


犯人ですが、やっぱり裏をかかれてしまいました。ナルホド〜でした。

ちなみに舞台のメインは横浜です。中華街周辺のいわゆる横浜も登場しますが、東白楽なんていうローカルな駅もしばしば出てきます。
しかも主人公はカラオケのシーンで無意識にサザンの「ラブアフェア」を歌っちゃったりします。
これ、横浜が舞台の松嶋菜々子と椎名桔平のドラマの主題歌で、歌詞もそういう内容です。本人もそれに気がついてギョッとするシーンがありますねぇ(*^-^)b
周辺地理に明るい方、別の意味で面白いかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【夜明けの街で】 東野圭吾 著
不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。  でも、どうしようもない時もある――。 ...続きを見る
じゅずじの旦那
2007/10/17 18:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
○読書記録 「夜明けの街で」 東野圭吾 The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる