The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に

アクセスカウンタ

zoom RSS ●読書記録 「13階段」 高野和明

<<   作成日時 : 2007/09/22 17:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

これ、面白かった〜!
いろんな本屋さんで長いこと絶賛POPとともに平積みされていたけど、反町隆史が主演で映画化されていたこともあり、なんとなく敬遠していたのですが。

予想していた話と全然違いました。帯にかいてある“宮部みゆき絶賛”はダテじゃないって感じです。

一人の死刑囚の冤罪を、目前に迫った刑の執行までになんとか証明しようと刑務官と仮出所中の青年が事件を追うというのがストーリー概要です。

刑務官とか死刑囚とか、泉ピン子の二時間ドラマで覗いたくらいの知識しかなくて、へ〜っと思うことも多かったです。例えば死刑囚と云うのは刑の執行まで懲役があるわけではないので刑務所ではなく拘置所にいる、とか、刑の執行は誰の仕事か、とか、内閣改造の直前に死刑執行命令が出やすい、とか…。

私は血みどろの場面とかグロ画像・暴力シーンが本当に苦手で、例え小説でも勘弁していただきたいのですが、この話に登場する死刑場面はそういう描写とは少し違い、考えさせられるところがありました。

ミステリーとしても非常に面白いと思います。
私は朝の電車で寝ていく為にわざわざ10分早く出て各停に乗るのですが、この本を読んでいる間は先が気になって、せっかく乗った各停でも寝ないで先を読み続けてしまいました(^_^;)おかげで3日かからずに読み終わってしまった…

気が向いたら反町くんの映画も借りてみようと思います。多分仮出所中の青年役なんだと思うけど、私の中のイメージは安藤政信なんだな〜。ついでに刑務官は杉本哲太。
実は誰だったんだろう…┐(´ー`)┌

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
宮部みゆき作品をWOWOWがドラマ化
 俳優長塚京三(62)仲村トオル(42)らが出演するWOWOWオリジナルドラマ… ...続きを見る
FRIDAYを超えた芸能人・有名人ニュー...
2007/09/29 02:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
●読書記録 「13階段」 高野和明 The 近況報告!〜なんと海を渡って香港に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる