The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから

アクセスカウンタ

zoom RSS 「傷だらけの男たち」

<<   作成日時 : 2007/07/29 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週見てきました。

「インファナル・アフェア」の監督の最新作&トニー・レオン主演、
ついでに金城も出ちゃう、ということで自ずと同行者は限定され、
お互い忙しいのに映画を見るためだけのためにわざわざ日比谷
集合^_^;

トニーと金城は警察の同僚だったのですが、金城は恋人の自殺を
機にアル中になり退職した私立探偵、でも退職後もトニーとは
交流がありいまだにトニーは金城に「ボス」と呼ばれています。

そのトニーは富豪の娘と結婚するのですが、その父親が殺され、
犯人は逃亡するも仲間割れを起こして最終的に死亡。一件落着に
思えたけど、金城はトニーの妻に真相究明を依頼されます。

そして真犯人が・・・

と、簡単に書いてしまえばそういう話です。
でも普通の犯人探しが目的の物語ではないので、犯人は
途中でわかってしまい、なぜ人を殺すに至ったか、という
ポイントを中心に話は続いていきます。

「インファナル・アフェア」と比べると、私は「インファナル・アフェア」
の方に軍配なのですが、でも、最近面白くないハリウッド映画と
比べるとはるかに見ごたえあると思います。

トニーレオン初の悪役だそうですが、よいよい。よかったです。

金城の酔っ払い演技は、監督からの指示で本当にアルコールを
飲んでやっていたそうです。久々に見たけど、相変わらずかっこ
よかった・・・

そしてこの作品も、既にディカプリオによってリメイク権が買い
取られているんだとか。明らかに次のドジョウに狙いを定めて
ますね〜。きっとトニーの役をやろうとしているに違いないけど、
この作品もハリウッドに行ってしまうと香港独特のウエットな
感じが吹き飛んでしまいそうであまり見る気がしない私。
 ↑
「インファナル〜」が好きすぎて、「ディパーテッド」も見てない
くらいなので・・・

だいたい、「ディパーテッド」でも、どう考えてもディカプリオは
アンディ・ラウの役の方がしっくりくると思うのに、トニーの役を
やったというし、己をわかっていないのか?と思ったりしてます。
そりゃあの映画では、トニー役の方がおいしかったけど。

それにしても、香港映画の出演者の名前、覚えにくいっす。
金城はポン、トニーはヘイ、一人ひとりは簡単なんだけどみんな
そんな名前なので混乱、混乱・・・

全編を通じて流れるピアノのメロディーがよかったです。
でも、最後の主題歌はなぜあゆ??? 
ピアノの方がよかったな〜

でも、劇場で見る価値ありです。
興味のある方、ぜひぜひ!!!

この映画の公式サイトです。
http://drywhisky.com/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「傷だらけの男たち」 The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる